期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

世に送り出した作品たち

2018年05月30日

先日、当社のツアー参加後のお客様アンケートに目を通していた際、「今後、どのようなツアーがあったら参加したいと思われますか」という質問に対し、「ローマ帝国の属国だったチュニジアと本国ローマを組み合わせた旅」というようなコメントがありました。

実は以前、そのテーマでツアーを企画したことがあります。

それがこちら。

THEローマ帝国 地中海の覇者への道(くさいですね~)
チュニスから定期運行のフェリー(キャビンに宿泊)でチヴィタベッキアへ渡り、ローマやポンペイをめぐるというテーマ。

たまたまなにかをウェブサイトで調べているときに、この区間のフェリーが就航していることを知り、企画してみました。

毎回熱烈に支持してくださる方がお申し込みをしてくれていたのですが、催行はできませんでした。

以前、私が商品企画に携わっていたとき、「これはおもしろいはず!」という思いで世に送り出したツアーがいくつもあります。

前述のローマ帝国のコースで過去のことを思い出しましたので、少し紹介してみようと思います。

売れたものもあれば、売れなかったものもあります。

南米大陸7000km大縦断 滝と氷河と最果ての地へ
これは、南米大陸を縦貫する「アンデス山脈」への思いをテーマにして企画したツアーです。

世界地図で南米のページを開いて長さを図り、縮尺をもとに距離を算出しました。

北のベネズエラはギアナ高地(暑い)からスタートし、イグアスの滝、パタゴニアとめぐり、南端のウシュアイアまで足を延ばすという壮大なスケール。

正確な本数は覚えていませんが、これは何本か催行しました。

北アフリカ4000km大縦断
南米大陸7000kmのコースが催行したので、同じようなテーマでもうひとつ、と思って発表したのがこれ。

リビア→(陸路)→チュニジア→(陸路)→アルジェリア→(空路)→モロッコ→(空路)→エジプト

とめぐる日程。

リビア、今はいけません。

これはローマ帝国のコースと同じように毎回お申し込みをしてくださる方がいらしたのですが、残念ながら催行できず。

知られざる大河アマゾン 河口ベレンから深部マミラウアへ
これは、NHKだったと思うのですが、テレビでアメリカかどこかの会社が実施している「南米をぐるっと1周、バスでめぐるすごい長い旅」の番組を放送していたことがきっかけで商品化。

番組では、参加者はアマゾン川をポンポン船で進み、夜はデッキにハンモックを吊るして寝ていたので、どうしてもそれを取り入れてみたくて。

大きく発想して、現実的でない部分を少しずつ削っていってこの形になりました。

マナウスで終わりではつまらないので、少し先のマミラウア自然保護区も追加。

これは1本だけ催行しています。

セラードの光るアリ塚とボニートの水中散歩
これも同じようにテレビを見て商品化。

同じくNHKで、福山雅治さんが写真を撮ることをテーマにしていた番組だったような。

ブラジルのセラード保護地域群にあるエマス国立公園では、日没後に光るアリ塚を見られるというので、それを見ることが目的。

たしか、時期がかなり限られているので、設定は9月末の1本だけなんだと思います。

組み合わせで南パンタナールのボニートを追加しています。

これはまったく売れなかったと思います。

原始の魔境ギアナ高地とヘミングウェイの島 キーウェスト
アメリカで学生生活を送っていたときに2回、キーウェストを訪れたことがあり、ものすごく気に入ったので商品にしてみました。

なぜ、よりによってギアナ高地との組み合わせだったのか。

まったく記憶はありません。

ちなみに右下のサザンモストポイントのライダーたちの写真、学生時代に撮影した紙焼きの写真をスキャンして使っています。

今から・・・25年くらい前でしょうか。

サハラ砂漠を4WD車でめぐるチュニジアの旅
チュニジアでサハラ砂漠まで足を延ばす際、訪問地はクサールギレンというテント式ホテルがある場所が一般的です。

しかし、もっと奥にはもっと高い砂丘が連なるティンベインという場所があり、もっとワイルドにサハラ砂漠を体験できます。

普通の観光地とティンベインを組み合わせたコースをこれより前に発表していて、それは2本催行しました。

で、「もっとおもしろいものを!」と思ってあれこれ調べたところ、自分でバギーを運転して砂漠を旅できることがわかりました。

それを「ご希望の方は」という条件付きで組み込んだのがこのコース。

一応、正規の行程は4WDで移動、希望の方は同じルートを自分で運転するバギーでどうぞ、という仕立てです。

これ、ものすごく気に入っていたのですが、そういう独りよがり的なものって得てして売れないものです。

実績ゼロ。

残念すぎる!

チュニジア、青と白の世界が奏でる癒しの旅
こちらは一転、おしゃれなチュニジアの旅。

フランスのブルターニュ地方が有名なタラソテラピー。

チュニジアでもできるのです。

で、チュニスではなく近郊のガマルタのリゾートホテルと、タラソテラピーの聖地ハマメットに宿泊し、これまた「ご希望の方は」ご自身でどうぞ、という内容。

実績ゼロ。

おしゃれでいいと思うんですけどね~。

アドベンチャーバスとテントキャンプで味わうナミビア
最後は青沼の作品。

ナミブ砂漠をキャンピングカーで旅することをイメージ。

アドベンチャーバスというものがあって、なんというか、泊まれないキャンピングカーとでもいいましょうか。

泊まれないので、夜はテントを引っ張り出してきて砂漠に設置。

これはワイルドですよね。

このコース、好きです。

復活しないかな。

なお、実績はゼロです。

とまあ、こんな感じでしょうか。

ほかにもいっぱいあるのですが、ぱっと思いつくものだけご紹介しました。

こんなもの以外に、当社でもイエメンやアルジェリアのコースが催行決定になったことがあります。

どちらも決定後の政変で実施を取りやめましたが。

また、イギリスのコッツウォルズあたりをナローボートでめぐる旅を企画しようとしたこともあります。

それは、調査を依頼していた会社からの回答が滞って、そのうち企画案そのものも立ち消えになってしまったと記憶しています。

おもしろいと思っていただける商品を世に送り出したいものです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年05月30日 09:22 ) |  メッセージを送る(0)

春!

2018年03月23日

チュニジアでお花見
以前、チュニジアの企画担当をしていた頃。

春の前に咲くアーモンドの季節に日本風の花見を企画できないか、と現地の方に相談。

黒石は同行していませんが、たった1回だけその企画が実現しました。

今では旅行なんてとんでもないエリアになってしまったリビアにも訪れるコースにて。

◆ツアー責任者早田が選んだ「春!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年03月23日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

チュニジア!

2018年02月14日

ハマメットのカスバより地中海を望む
待ってたよ~チュニジア~!!!

昨日付けで外務省の海外安全情報でチュニジアの危険度が下がりました♪

当社でもツアーを再開するみたいですよ。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年02月14日 08:39 ) |  メッセージを送る(0)

パパラッチあらわる!

2016年05月30日

メロエのマーケットで撮られる!

昨年はオマーンでプロカメラマンでもあるガイドさん、通称パパラッチ師匠にあれこれ小うるさくいわれながらの撮ったり撮られたりの旅でした。

今年は撮りつ撮られつのスーダンの旅。

地方の女性は写真を撮られるのが嫌だというような話でしたが、男たちは別なんでしょうかね。

そこかしこで撮られました。

君もか!

ハルツームの高級レストラン(国民にとっては)に現れたご一行は、自撮りと見せかけて背後にいた我々一団をちゃっかり撮影。

我々が写り込んでいるスマホ(スーダンの人もみんなスマホです)の画面が普通に見えていました。

海外ではちょっとした人気者気分です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年05月30日 18:43 ) |  メッセージを送る(0)

スーダンの観光素材

2016年05月26日

ジェベル・バルカルの頂から朝日を迎える

さて、今日は割とまじめな内容にしてみましょう。

スーダンで見るべきものというのは、おおよそ古代の遺跡です。

ざっくりした歴史の流れを説明しておきますと、先史時代、前ケルマ期、第一次クシュ王国、エジプト時代、第二次クシュ王国、キリスト教期、イスラム期と続いていきます。

今回の旅で見てきたものはメロエ王国を含む第二次クシュ王国の遺稿。

もっとじっくり時間をかければ先史時代、第一次クシュ王国、キリスト教期の遺跡も見ることができます。

冒頭の写真は、第二次クシュ王国で都がナパタに置かれていた時代の建造物。

一部柱が残っている建物の跡がアモン神殿。

エジプトが最大版図を治めていた時代のファラオ、トトメス3世によって礎が築かれ、その後クシュ王国のタハルカ王によって現在見られるように拡大されました。

よーく見ると左上にも正方形の跡が残っているのですが、こちらはアルカマニ王の宮殿跡。

土台しか残っていませんので、往事の様子をイメージすることが難しいのはやや残念。

アモン神殿の入口からジェベル・バルカルを望む

ご覧のようにこういう遺跡に見学者の姿はほとんどありません。

「暑いからだよ」とガイドはいっていましたが、それだけが理由ではないように思えます。

観光業を国家の財政を支える収入源とするためにはそれ相応の努力が必要、ということなのではないでしょうか。

この遺跡、ムウト神殿というものがアモン神殿の隣にありまして、こちらは内部を見学することもできます。

中の様子はまた追って。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石智之 ( 2016年05月26日 13:37 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・