期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

松前光男ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

面白い国インドから帰りました!

2019年02月01日

1/19出発 「悠久のガンジス川と北インドの旅 10日間」に

ご参加のお客様、このたびは本当にありがとうございました。

季節的には朝晩やや肌寒い日もありましたが、逆に汗ばむ

こともなく、また雨も夜降って、朝方には上がっていることが

何度かあり、とても観光しやすかったと思います。

カレーの味もその地方によって変わったことも実感して

いただけたことでしょう! 南ほどやはり辛いかな?

広大な国土、あふれる人口、多彩な人種・宗教・言語、成長する

経済、イギリスからの独立、日本との結びつきなど、さまざまな

面について見聞を広めてきたツアーでしたね。

デリーでは世界遺産クトゥブ・ミナールを見学(撮影:松前)

仏陀の初転法輪の地サルナートも訪れました(撮影:松前)インドのセットメニュー、ターリーは食べやすいスタイルです(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2019年02月01日 10:28 ) |  メッセージを送る(0)

インドの旅、順調です!

2019年01月24日

1月19日に成田を出発した「悠久のガンジス川と北インドの旅 10日間」のツアーも後半に入りました。
この時季の北インドは10°Cから22°Cと朝晩はちょっと涼しいものの、
汗をかくことがあまりないので、快適です。
また、インドのホテルは冷房は入るものの、暖房は入らないところがほとんどです。
でも、たのめばすぐにヒーターや毛布を持って来てくれますから安心ですよ!
お客様もお元気で多くの世界遺産の観光、インドのお食事を楽しんで下さっています。
今日はカジュラホの寺院を見学したあと、いよいよ聖なる水が流れるガンジス川の街、ベナレスへと移動します。
タージマハルもかつては人びとに忘れ去られ、土に埋もれた遺跡でした(撮影:松前)
今回、オルチャでは廃墟の城を訪れました(撮影:松前)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2019年01月24日 15:44 ) |  メッセージを送る(0)

今年の添乗はインドから

2019年01月15日

1月19日出発「悠久のガンジス川と北インドの旅 10日間」に

ご参加のお客様、添乗しますツアー責任者の松前光男です。

どうぞよろしくお願い致します。

インドはまさにワンダーランド、欧米や日本の尺度では分からないことだらけ。

多様な民族や宗教、貧富の格差、カースト制度、IT企業の台頭、国境紛争など

インドの政治リーダーは本当に大変な立場だと思います。

見ごたえのある世界遺産、北と南で異なる食事、混沌とした社会の様子など

肌で感じていただけるよう、また楽しんでいただけるよう努めてまいります!

ジャイプールのアンベール城に上がるときは象のタクシーを予定しています(撮影:松前)

タージ・マハルではロマンを感じます(撮影:松前)

牛は神聖な生き物。街の中でも自由に歩きます(撮影:松前)

カジュラホでは現地ガイドの楽しい説明に官能的な彫刻を見る目も変わりましたね(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2019年01月15日 14:04 ) |  メッセージを送る(0)

スリランカ夢紀行お疲れ様でした!

2018年09月03日

8/23出発「憧れのアマンに泊まる スリランカ夢紀行 8日間」に

ご参加のお客様、たいへんお疲れ様でした。

現地でも気温は30度前後まで上がりましたが、朝晩は過ごしやすい

日も多かったですね!

ペラヘラ祭の最終日は帰り行く象たちを深夜に見送るというおまけまでありました。

ヘリタンス・カンダラマではジェフリー・バワの想いに共鳴し、アマンガラでは

行き届いたサービスの高さを感じていただけたことでしょう。

スリランカの人気の高さは往復の飛行機が大型機材にもかかわらず

満席だったことからも読み取れます。

象のパレード以外にも日本の盆踊りの原型を見た気がします(撮影:松前)

写真中央の小柄な方がシリセーナ大統領です(撮影:松前)

ゴールのホテル、アマンガラのロビーです(撮影:松前)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 松前 光男 ( 2018年09月03日 16:05 ) |  メッセージを送る(0)

間近で見ました、スリランカのペラヘラ祭!

2018年08月27日

スリランカの古都キャンディでは真夏に10日間ペラヘラ祭が行われます。
今回の8月23日出発「スリランカ夢紀行8日間」では、そのペラヘラ祭を本当に間近の観覧席から見ることができました。

出番を待つ象さんたち(撮影:松前)

お釈迦様の歯を載せた象さんが通過するときは全員立ち上がって合掌(撮影:松前)

祭りの掉尾を飾る2日間、ベストポジションのクイーンズホテルに宿泊したのですが、最終日にはスリランカの大統領もここから観覧されてましたよ!

宿泊したクイーンズホテル(撮影:松前)

旅行後半はシーギリヤロックや仏教遺跡、ヘリタンス・カンダラマやアマンガラなどの名高いホテルを楽しみます!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by JTBグランドツアー ( 2018年08月27日 11:12 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

松前光男

(まつまえみつお)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

松前光男 プロフィール

クールに生きたいサソリ座の男。社内でもダントツの通算7,000日以上の添乗経験から、どんなトラブルにも対応できる。太平洋でうぶ湯につかった伊豆大島出身。

------------------------------

■添乗モットー
郷に入っては郷に従え。
旅は道づれ世は情け。