期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ネパールハイキングの服装

2013年10月09日

ネパールの季節がやって来ました。

ベストシーズンは、乾季に入る10月から国花のシャクナゲが咲く4月頃まで。

この時期はお天気も安定し、ヒマラヤの秀峰が見られる確率が高いのです。

気温も同時期の日本より暖かく、ハイキングしていると汗ばむこともあります。

とくに標高の低いポカラ(標高850m)では、かなり軽装で歩くことが出来ます。

よりご理解いただくために写真をお見せしましょう。

***

■ お部屋からヒマラヤの絶景を望むネパール 9日間

今年2月、ヒマラヤの名峰を仰ぎ見ながら約3時間のハイキングの様子です。

背後に見えている山は有名なマチャプチャレ(標高6993m)。

かなり薄着で歩いています。腕まくりをしている人も見えますね。

リュックサックも小さめで、ストック(杖)を使っていない人の方が多いです。

ラムコット・ハイキングにて (撮影:佐藤)

■ ヒマラヤ展望3大ハイキング 9日間

昨年11月、標高2700mのジョムソンからマルファ村を往復する約4時間の

ハイキングの様子です。

日差しは強烈ですが川面をわたる風が冷たいので、ウィンドブレイカーと

ニット帽を着用しています。

リュックサックは小さめですが、少し登り坂があるのでほとんどの方が

ストック(杖)を使っています。

ジョムソン・マルファ村ハイキングにて (撮影:佐藤)

この2コースに関しては、専門的な技術や装備は不要であることが、

おわかり頂けましたでしょうか?

でも、靴だけはハイキングシューズまたはトレッキングシューズを

ご用意くださいね。厚手の靴下も。脚の疲れ方が違います。

そして、乾季とはいえ山の天気は変わりやすいので、雨具の準備だけは

忘れずに。

あとは、山を愛する人ならどなたでもご参加いただけるネパールハイキング。

すこし歩くだけで、7000~8000m級の山々を目の前にすることが出来る、

地球上で唯一の場所です。

ぜひ、勇気を出して・・・今年こそ!!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2013年10月09日 13:36 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

自分の旅
@表参道
添乗スケジュール
ご挨拶
ご参加のお客様へ
ライヴ!グランドツアー
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
ギリシャ
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ルーマニア・ブルガリア
北欧・オーロラ・ロシア
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
オーロラ
中南米
南米周遊
ペルー
ギアナ高地・アマゾン川・レンソイス
リオのカーニバル
パタゴニア・南極
ウユニ塩湖
ガラパゴス諸島・イースター島
メキシコ・キューバ・パナマ運河・コスタリカ
中近東・中央アジア
トルコ
中央アジア諸国・トルクメニスタン・イラン
コーカサス3国
アラビア半島(オマーン・アラブ首長国・ドバイ・カタール)
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
マダガスカル
チュニジア・モロッコ・アルジェリア
エジプト
アジア・中国
インド・ネパール・スリランカ
ブータン
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
ミャンマー・ラオス
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ・バヌアツ・クック諸島(南太平洋の島々)
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ
ハイキング倶楽部

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金