期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

不死身のレバノン

2019年04月25日

2019年4月14日発 フェニキアの地レバノンとドバイ 9日間

14年ぶりのレバノンの旅から戻りました。

昔のスーク(市場)跡は、「ベイルート・スーク」と言う名のショッピングモールに生まれ変わり、

花を手向ける市民の行列が出来ていた暗殺されたハリーリ元首相の墓石は美しく整備され、

高級外車が並ぶ通りは、"中東のパリ"の雰囲気をすっかり取り戻していました。

フェニキア人は森林資源の少ないエジプトにレバノン杉を売り、その代わりにパピルスを買い、

そのパピルスをギリシャに売って儲けていたそうです。

さすが地中海の覇者。レバノン人の祖先は、いつの時代もしたたかで、決して屈しない。

遺跡あり、自然あり、美食と美酒もあり。

行ってみないとわからない面白い国のひとつだと思います。

お花畑のようなビブロス遺跡

レバノン杉の森にはまだ積雪が。。。

《ご参加の皆様へ》

女子旅レバノン、そしてドバイ・アブダビ。変化にとんだ9日間でした。

毎日いろいろありましたが、皆さんが常に笑っていてくれたので本当に助けられました。

テーブルいっぱいに並ぶ食べきれないほどのメゼ(前菜)の数々。

ちょっとうんざりしたけれど、今となっては既に懐かしく、あぁもっといっぱい食べておけばよかった。

そう思うのは食いしん坊の私だけでしょうか。

レバノンとドバイはまったく雰囲気の違う国で、そういう意味では2ヵ国同時に行ったのは大正解。

行ってみないとわからないことだらけで、やっぱり旅っていいな~と実感しました。

女子旅ならではの話も飛び出して、次なる旅の話題もあり。・・・また再会できそうですね。

ルーブル・アブダビにも行ってきました!

ドバイ近郊の砂漠で

(写真は全て佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤 明日子 ( 2019年04月25日 19:30 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

自分の旅
@表参道
添乗スケジュール
ご挨拶
ご参加のお客様へ
ライヴ!グランドツアー
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
ギリシャ
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ルーマニア・ブルガリア
北欧・オーロラ・ロシア
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
オーロラ
中南米
南米周遊
ペルー
ギアナ高地・アマゾン川・レンソイス
リオのカーニバル
パタゴニア・南極
ウユニ塩湖
ガラパゴス諸島・イースター島
メキシコ・キューバ・パナマ運河・コスタリカ
中近東・中央アジア
トルコ
シリア・ヨルダン
中央アジア諸国・トルクメニスタン・イラン
コーカサス3国
アラビア半島(オマーン・アラブ首長国・ドバイ・カタール)
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
マダガスカル
チュニジア・モロッコ・アルジェリア
エジプト
アジア・中国
インド・ネパール・スリランカ
ブータン
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
ミャンマー・ラオス
中国・中央アジア・シルクロード
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ・バヌアツ・クック諸島(南太平洋の島々)
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ
ハイキング倶楽部

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金