期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

伯耆大山(ほうき だいせん)ブルー

2018年03月17日

丹沢に続いて2週続けて登山してきました。

今回の目的地は鳥取県西部の伯耆大山です。

気軽に何度も行かれるところではないので、金曜日に2時間お休みをいただき、飛行機で米子鬼太郎空港へ。

土曜、日曜と登れるので1日は予備日です。


山専門の天気予報を見ると土曜の方が天気が良さそうだったので、翌日レンタカーで登山口へ。

山陰の富士と呼ばれるだけあって見事な山容です。

街からこんなに近い(皆生温泉より)



標高780mの夏山登山口からスタート。

最初から積雪があります。前日まで雪が降っていたのか木々にはびっしりと樹氷がつき、青空とのコントラストが最高です。

氷の白と空の青!


6合目までは樹林帯をひたすら登ります。

6合目直前で樹林帯を抜け、目の前に北壁がど~んと。

ど~んと。ここから登りがきつくなってきます。

ここからが山場です。

夏道はつづら折りの道なのでしょうが、冬は急斜面を直登です。

左の谷側は切れ落ちているのでピッケルに持ち替えます。


ここから1時間ちょっとで山頂です。

山頂付近は平たんで木道が整備されています。木道が見えているということはこの時期にしては雪が少ないのでしょうか。

左のとがっているのが剣ヶ峰


そして山頂(1729m)へ。

さらに奥には、剣ヶ峰までの稜線が続いていますが、崩落のため立ち入り禁止。

ガスの奥に見え隠れする峰々と大山ブルーの青空が美しい。

幸い風がほとんどなかったのでゆっくりと景色を眺めました。

剣ヶ峰へ続く稜線

山頂!
下りは、6合目までの急斜面が非常に怖い。

アイゼンをひっかけないように慎重に下ります。

視線を上げると視界に入ってくる素晴らしい景色を見ながら。


登山口まで往復約5時間。

山陰を代表する名峰だけあって、素晴らしい山でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年03月17日 07:35 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として3回紹介される。スイス観光局認定スイススペシャリスト、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」でもある。百名山完登を目指す(18年10月現在24/100)横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々やニュージーランド。18年2月、念願のミルフォードトラックをガイド付きツアーで歩いた。