期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

スイスで最も眺めの良いホテル

2018年04月05日

100年以上前から観光開発が進められてきたスイスには、日本の常識では考えられないようなところまでロープウェイや登山列車などの交通機関が整備されていたり、ホテルやレストランがあったりします。

これまで視察や添乗、プライベートでスイスのいろいろなホテルを見てきましたが、スイス政府観光局公認スイススペシャリストの私が考える、誰でも乗り物に乗って簡単に行かれるなかで最も眺めの良いであろうホテルはこちらです。

標高3100m

この数字はそのホテルが建っている場所の標高です。

3100メートルといえば富士山の八合目くらいですが、町からホテルの前まで登山列車であがることができます。

ゴルナグラート駅

こちらが登山鉄道の駅。標高3089mなので標高差11mですが、エレベーターがあります。

ホテルの外観

このホテルはゴルナグラートホテル。

その名のとおりゴルナグラート展望台という展望台にあります。

ホテルの背後に見えているのがこの地域最高峰のモンテローザです。

(山頂がイタリアのためスイス最高峰ではありません)

その右側がリスカム、見えていませんが左側にもずらっと峰峰が連なっています。


標高が高いほど星空観測に適しているため、ホテルの上部には大学の天文観測所があります。



山岳ホテルですが、お部屋は町のホテルとそう変わりません。

お部屋の一例

窓の外を見れば、アルプスの4000m峰が目に飛び込んできます。

日本でいえば、登山口から数時間登った山小屋かテント泊でしか見られない風景です。

天候に恵まれれば、モルゲンロート(朝焼け)も期待できます。

天気がよければ、せっかくですから少し寒いですがホテルの外にでてみましょう。

これまでで一番の朝焼け

ブライトホルン

マッターホルンだけではなく、周囲の山々が朝焼けに染まっているかもしれません。


いかがですか?

このホテルはわずか22部屋。

この景色を見られるのは、1日わずか50名弱です。

わずか22室の絶景ホテルに宿泊する アルプス4大名峰 10日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年04月05日 15:40 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として3回紹介される。スイス観光局認定スイススペシャリスト、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」でもある。百名山完登を目指す(18年10月現在24/100)横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々やニュージーランド。18年2月、念願のミルフォードトラックをガイド付きツアーで歩いた。