期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

最北の・・

2018年09月07日

報告が遅くなりましたが、定例の山登りに行ってきました。

今回は最北の100名山、利尻山(通称、利尻富士)と、お隣の礼文島の礼文岳です。


その直後に北海道で今回の大きな地震が起こり、言葉もありません。

被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈りいたします。



利尻山は往復11時間の長丁場です。

固有の植物も多いので、現地の山岳ガイドさんをお願いして一緒に歩きました。

歩くペースや休憩を入れるポイント、地元愛あふれる飽きさせないトークで楽しく歩くことができました。

また、たまには案内されてみる立場を経験するのも大事ですね。いろいろな気づきがありました。


利尻山は海から直接山がそびえているようなダイナミックな地形のため、実際の標高(1721m)以上の高度感を感じることができて素晴らしい山でした。

礼文島と虹

登山ルートには山小屋や水場、トイレもないため、飲料水(2リットル程度)や携帯用トイレを持って歩きます。

途中、3箇所、携帯トイレをセットする場所(個室のトイレのよう)があり、清潔につかうことができます。

ただし、手を洗う場所がないのでお手拭は必要です。


今年の6~7月は不順な天候が続き8月は台風も通過し、私の訪問中も登山の前後の日はすべて曇天でしたが、登山の日だけはピンポイントで晴れてくれました。(でも4000円の生ウニ丼はどこもウニの入荷がなく販売中止でした)

利尻山頂

今回はガイドさんの見事なペース配分で、コースタイム11時間のところ朝4時半から15時までの10時間半で歩くことができました。

さすがに足がパンパンになりましたが大充実の1日でした。


利尻の前には、礼文島の礼文岳にも登りました。

標高490mの山ですが登山口は海抜0m付近なので、なかなか登りごたえがあります。

本州では2000m以上の高山のような植生です。頂上まで30分ほどの場所より。

天気は良かったのですが、ここまで足を伸ばす人はほとんどおらず、すれ違ったのは10人くらいでした。

礼文岳山頂からのぞむ利尻山

登りはじめてから1時間半くらいで山頂へ。
眼下に見える海岸線から登ってきました。距離はまずまずあります。

礼文も利尻もピークは過ぎていましたが高山植物の花がとてもきれいで、リシリヒナゲシやレブンソウといった固有種もみることができました。

地元の方々もみな親切で、気持ちのいい旅でした。

礼文岳なら、本格的な登山ではなくハイキング気分で楽しむことができます。

興味のある方は、ぜひ素晴らしい大自然を楽しみにお出かけになってみてください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年09月07日 17:55 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として3回紹介される。スイス観光局認定スイススペシャリスト、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」でもある。百名山完登を目指す(18年10月現在24/100)横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々やニュージーランド。18年2月、念願のミルフォードトラックをガイド付きツアーで歩いた。