期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

伯耆大山(ほうき だいせん)ブルー

2018年03月17日

丹沢に続いて2週続けて登山してきました。

今回の目的地は鳥取県西部の伯耆大山です。

気軽に何度も行かれるところではないので、金曜日に2時間お休みをいただき、飛行機で米子鬼太郎空港へ。

土曜、日曜と登れるので1日は予備日です。


山専門の天気予報を見ると土曜の方が天気が良さそうだったので、翌日レンタカーで登山口へ。

山陰の富士と呼ばれるだけあって見事な山容です。

街からこんなに近い(皆生温泉より)



標高780mの夏山登山口からスタート。

最初から積雪があります。前日まで雪が降っていたのか木々にはびっしりと樹氷がつき、青空とのコントラストが最高です。

氷の白と空の青!


6合目までは樹林帯をひたすら登ります。

6合目直前で樹林帯を抜け、目の前に北壁がど~んと。

ど~んと。ここから登りがきつくなってきます。

ここからが山場です。

夏道はつづら折りの道なのでしょうが、冬は急斜面を直登です。

左の谷側は切れ落ちているのでピッケルに持ち替えます。


ここから1時間ちょっとで山頂です。

山頂付近は平たんで木道が整備されています。木道が見えているということはこの時期にしては雪が少ないのでしょうか。

左のとがっているのが剣ヶ峰


そして山頂(1729m)へ。

さらに奥には、剣ヶ峰までの稜線が続いていますが、崩落のため立ち入り禁止。

ガスの奥に見え隠れする峰々と大山ブルーの青空が美しい。

幸い風がほとんどなかったのでゆっくりと景色を眺めました。

剣ヶ峰へ続く稜線

山頂!
下りは、6合目までの急斜面が非常に怖い。

アイゼンをひっかけないように慎重に下ります。

視線を上げると視界に入ってくる素晴らしい景色を見ながら。


登山口まで往復約5時間。

山陰を代表する名峰だけあって、素晴らしい山でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年03月17日 07:35 ) |  メッセージを送る(0)

絶景のモルゲンロート(朝焼け)

2018年03月06日

54km歩いてきたばかりですが、天気が良かったので山登りをしてきました。

今回は神奈川県の丹沢です。

小田急線渋沢駅から路線バスで15分ほどで登山口にアプローチできるので、気軽に行かれます。

今回登ったのは搭ノ岳(1491m)、丹沢山(1567m・100名山)、鍋割山(1272m)の周回ルートですが、他にも岩稜歩きが楽しめるルートや、宮ヶ瀬ダムへの縦走ルートなど無数のルートがあります。


まず、登山口から大倉尾根(通称ばか尾根)を登ります。

きちんと整備された階段中心ですが、とにかく登り続けます。

途中、木立の間から富士山が見えてきます。

さらに登ると木立が途切れ、伊豆半島から江ノ島、三浦半島までの相模湾の海岸線が見えます。

そこからもうひと頑張りすれば塔ノ岳山頂です。ここまで大倉登山口から約3時間半。


富士山はもちろん、昨年登った北岳から間ノ岳などの南アルプス、八ヶ岳が一望できます。

山頂にはハレー彗星がやってきた1986年に建てられた尊仏山荘があり、ここに1泊します。

夜になると、小田原や東京の夜景が一望できます。




翌日、、

塔ノ岳山頂から見た富士山の朝焼け

6時過ぎの富士山です。

カメラにはよく映りませんが、肉眼では右側に南アルプスの山々がずらっと並んでいるのが見えます。

頑張って登ってきたご褒美ですね。


ちなみに、スイスでは登山電車で登れる3000mの山頂にホテルがあります。山荘ではなくホテルです。

朝焼けのマッターホルン

天文台のように見えるのがホテルの建物です。

この写真(私が実際に撮影したものです)はホテルから少し登った展望台から撮りましたが、

ホテルの前からもマッターホルンからモンテローザまで一望できます。

歩かなくてもこんな絶景に出会うチャンスがあるのがスイスの凄いところ。

 このホテルに泊まるツアーはこちら。



さて、朝焼けを見たあとは丹沢山まで足を伸ばします。

ここからは雪や氷がたくさん残っていてアイゼンが必要でした。

丹沢山

残念ながらこの時間帯はガスで真っ白。

この山頂には最近流行りの、みやま山荘があります。


早々に山頂を辞したあとは再び塔ノ岳へ。塔ノ岳から丹沢山は往復3時間でした。

塔ノ岳に戻った時点で10時半。

だんだん晴れてきたので、まっすぐ下りずに鍋割山経由で下りることに。

鍋割山。鍋焼きうどんは撮り忘れました。。

鍋割山の山頂にも山荘があり、ここの名物は鍋焼きうどんです。

山荘前の芝生に座り、相模湾を眺めながら食べる鍋焼きうどんは最高です。

食後は下山あるのみ。

このルートは下りきってからの林道歩きが長いのが玉に瑕ですが、腹ごなしに

がんばって歩き、塔ノ岳から鍋割山まで約1時間、鍋割山から大倉登山口まで

約2時間40分でした。

※国立博物館はもう少し天気の良くない週末にします。。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年03月06日 17:35 ) |  メッセージを送る(0)

あと一歩届かず・・・

2018年01月12日

正月気分もすっかりなくなり、日常の風景に戻ってきました。


さて、成人の日の3連休を利用して北アルプスに行ってきました。

目的は乗鞍。

冬はスキー場、夏は車で標高3,000m近くまでアプローチできることで知られる日本100名山です。


1日目はのんびりふもとの温泉宿に宿泊。

2日目はスキー場のリフトで標高2,000m付近へ。そこから登り始めます。

一緒に登り始めた人のほとんどはバックカントリースキーの人々。純粋な登山者は他にいませんでした。


歩き始めると、すぐにひざまでのラッセルに。

実はワカン(カンジキのような、雪に足がずぼっとはまらないための登山用具)を持っていこうか迷ったのですが、持って行かなかったのです。

後悔・・・。

一歩一歩足が雪に嵌まって、なかなか進みません。

それでもがんばってしばらく登っていくと、行く手に乗鞍(剣が峰)や、右側には真っ白な穂高連峰が見えてきます。

振り返ると南アルプスや浅間山も。

絶景です。

乗鞍岳(剣が峰)風が強そう~

左から槍ヶ岳、奥穂高、前穂高?

ようやく山頂が間近に迫る畳平まで登ったときにはすでに13時過ぎ。

山頂までの所要時間を考えるとここで時間切れ。。



下りはスキー場のリフトには乗せてもらえないので、ゲレンデの端っこを歩いて下山。

今度来るときは、スキー板をスキー場にデポ(保管)しておこうと誓い、40分くらいかけて麓まで歩いて休暇村で温泉入浴して帰ってきました。


気温マイナス10度、風速10~15メートルなので、体感気温はマイナス20~25度。

久しぶりの厳冬の山歩きでした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2018年01月12日 14:10 ) |  メッセージを送る(0)

下山編

2017年11月02日

ちょっと間が空いてしまいましたが、続編です。

早朝4時半に出発して間ノ岳(3190m)に登った後、北岳山荘に戻りました。
朝食のお弁当を食べて、8時過ぎに下山開始。
北沢峠まで約1000mを下ります。

さらにこの時は落石の危険があるということで、本来の最短の下山ルート(通称トラバースルート)が通れず、1度吊り尾根の分岐点まで登り返して八本歯のコルへ下る必要がありました。しかも岩場で梯子もある神経を使う登りです。

分岐点から整備されたなだらかな道を下っていくと、この下りルートの核心部です。

こちら。

八本歯のコルへ


落ちたら痛いではすまなそうです。
実際に前日このあたりで滑落事故があり、山荘のスタッフが駆けつけていました。
これを皮切りに、しばらくこのような急な階段というか梯子が続きます。
アスレチックのようで面白いのですが、気が抜けません。

時々立ち止まって顔を上げると、絶景が広がっています。
左手には北岳の巨大な山塊が、正面には鳳凰三山と八ヶ岳が見えます。

鳳凰三山と八ヶ岳

北岳の東壁「バットレス」

梯子地帯を抜けると、延々と続く下り。
途中から森林帯に入るので視界がなくなり退屈です。その前に景色を眺めながらゆっくり昼食休憩。

小さく見える雪渓のさらに上の稜線から下ってきました。

そして14時過ぎ、ようやく北沢峠に到着。
下山開始から6時間かかりました。コースタイムは4時間半くらいなので、だいぶオーバー。

北沢峠から、下ってきた道のりを振り返ると、

あの小さく見える雪渓の脇を下ってきました

いかに遠いか分かります。

小さな雪渓の右上のピークが北岳です。

こうして、無事、白根三山と呼ばれる3つのピークのうち2つに登頂してきました。

今年の夏は天気が良くなかったので、結局この1回しか登れずじまいでした。

次は雪山ですね。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2017年11月02日 16:15 ) |  メッセージを送る(0)

第2、第3の高みへ

2017年10月13日

今年の夏は天候不順だったのでGW以来となった山に行ってきました。



金曜日、仕事を終えて自宅に戻り着替えてから特急「かいじ」で甲府へ。

いつもの東横インに泊まり、翌土曜日、バスで2時間かけて登山口の広河原へ。

あいにくの雨模様のなか、登山開始!

目的地は、標高3,000mの北岳肩の小屋。広河原からの標高差は約1,485m。

でも2日連続の寝不足のためか、まったくペースが上がりません。



雨も天気予報どおり、強くなるばかり。。

そこで予定を変えて、途中の白根御池山荘で宿泊することに。

結果オーライで、とてもきれいで食事も美味しく、体力が回復しました。

標高差が大きいルートなので、ゆっくり登りたい方にはお勧めです。



翌日曜日、朝から絶好の好天で、山荘の前から北岳の雄姿ばっちり。

まず、草すべりルートを稜線まで上がります。

登っていくと、鳳凰三山、富士山、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳が見えてきました。

雲海と富士山

鳳凰三山

稜線にでました

急登を2時間半くらい登ると稜線にでます。

北岳が見えてきました。

右側を見ると、以前登った仙丈ケ岳が目の前に。その横には甲斐駒ヶ岳が並んで見えます。

その奥には、槍ヶ岳、穂高連峰など北アルプスのオールスターが肉眼ではっきり。

仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳

ここから稜線をしばらく歩き、肩の小屋を越えるといよいよ北岳山頂にむけての登りです。

もう少し!

そして、ようやく。。

山頂

さすが日本第2位。仙丈ケ岳や甲斐駒ヶ岳が眼下に見えます。

スイスなら3000mなんてケーブルカーや登山列車であっという間ですが、ここまで1泊2日かけて歩いて登ってきました。

北岳山荘と間ノ岳

山頂を越え、反対側へ降りていくと、間ノ岳と宿泊する北岳山荘が見えてきました。

予定では今日のうちに間ノ岳を登ってしまうつもりでした。この写真の時点でまだ10時30分。

北岳山荘から間ノ岳まで往復3時間なので、時間的には楽勝だと思っていました。



が、ここからの下りがなかなか厳しく、思いのほか体力と気力をつかっていまい、

11時過ぎに山荘に着いた時点でギブアップ。お昼を食べて昼寝をしてしまいました。


そして最終日。

長い下山が待っていますが、朝4時半に出発して間ノ岳往復へ。

夜明け前なのでヘッドランプ使用です。

北岳から見ると近いように見えましたが、意外と距離があります。

1時間くらい登ると、日が昇ってきました。

富士山のシルエット

登ってきたほうを振り向くと、仙丈ケ岳、甲斐駒、北岳も朝日に染まっています。

左から仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳と北岳

そして、歩くこと1時間20分くらいで山頂へ。

このときはまだ元気

こうして、無事に予定通り、第2位の北岳、第3位の間ノ岳に登頂。

間ノ岳からの下りは快調に歩き、結局2時間40分くらいで山荘に戻れました。



ここからが最後の(そして本当の)試練でした。

その様子は次回に。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2017年10月13日 13:24 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として3回紹介される。スイス観光局認定スイススペシャリスト、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」でもある。百名山完登を目指す(18年5月現在21/100)横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々やニュージーランド。18年2月、念願のミルフォードトラック(ガイド付きツアー)を歩いた。