期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

内山智ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

長年の謎が解けて新しい年へ!

2017年12月28日

イスラム教の義務のひとつ、ラマダン(断食)について、ずっと疑問に思っていることがありました。

それは、太陽暦と比べるとイスラムの回教暦は5日間短いので毎年ラマダンの期間が前倒しになっていき、地域によっては太陽が沈まない白夜やそれに近い状態でラマダンになってしまったらどうするのだろう?ということでした。

ラマダンとは、昼間(太陽が上ってから沈むまで)は食事はおろか、水すら飲まないことだからです。


エジプトのツアーでお世話になったガイドさんが敬虔な回教徒だったので、長年の疑問をぶつけてみました。


ラマダンの期間と時間は宗教的指導者が決めるので国によって異なるものであり、白夜や日がほとんど沈まない地域の場合にはメッカの時間に合わせる、ということでした。

なるほど。

これで長年の疑問は氷解し、すっきりしました。



今年も無事に1年を終えられそうです。ご参加いただいた皆様、ウェブサイトやブログをご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

ファルーカが行き交うナイル川

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2017年12月28日 11:28 ) |  メッセージを送る(0)

エジプト最新情報!

2017年12月26日

ピンチヒッターでエジプトにご一緒してきました。

アラブの春以降はじめてのエジプトでしたが、よくも悪くもほとんど変わっていませんでした。

1月以降まだまだエジプトの旅行シーズンは続くので、最新情報をまとめてご紹介します。

<気候>

砂漠性気候なので、日中と朝晩の寒暖の差が大きいのが特徴です。長袖を基本として羽織るものが必要です。また、アブシンベルの音と光のショーと朝日の観賞時はさらに1枚重ね着が必要です。手袋があってもいいかもしれません。

今月は例年よりも暖かめだったのでルクソール以南では日中は半袖でも十分でしたが、日焼けを防ぐ意味では長袖をお勧めします。空いている観光地では日傘もいいでしょう。



<観光地>

どこも入場時に手荷物検査をおこなっています。以前と同じように大変な賑わいでした。若干しつこい物売りも以前どおりです。。治安が心配されていますが、不安はまったく感じませんでした。

観光振興のため大幅に入場条件が緩和されたネフェルタリ妃の墓は見事でした。観光客が以前と同じくらいに戻ったら一般観光はできなくなるかもしれません。

また、以前は写真撮影ができなかった王家の谷のお墓の内部もカメラ持ち込み料18ドルを払えば撮影可能になりました。

王家の谷にて

アブシンベルは航空便がほとんど飛んでいないため陸路の移動となりますが、途中休憩を挟んで3時間半程度。道も悪くないのできつくありません。アスワンから日帰りするツアーは大変だと思います。。

日帰り客は午前中に観光するので貸しきり状態だったアブシンベル神殿

また、観光地のお手洗いは以前とあまり変わっていません。なるべくきれいな場所を選んでご案内するようにしていますが、紙の備え付けがないところもありますからポケットティッシュを多めにお持ちになるとよろしいでしょう。



<カイロ考古学博物館>

ギザに新しい博物館を建設中(なんと6年以上前から!)です。

新博物館は2018年12月頃に一部オープンすることになったそうですが、考古学博物館とどのように棲み分けするのかはまったく決まっていないそう・・・・。

考古学博物館から展示品を移し始めていますが、重要なものはほぼ考古学博物館に残っており、以前と比べても見劣りするようなことはありませんでした。

※館内はカメラの持ち込み料が別途必要です。

考古学博物館



<お食事>

クルーズ船内の夕食は、前菜からデザートまでお選びいただけるチョイスメニューです。ご飯とお味噌汁、おひたしや卵焼きなど簡単な和朝食もご用意しています。

また、ギザとカイロのお食事でも可能な限りチョイスメニューにしています。

エジプト料理の前菜

<ホテル>

ギザのメナハウスでは別館のお部屋に宿泊しました。

広い庭越しにクフ王のピラミッドが見えます。

クルーズ船は1室40㎡のスイートタイプを厳選しています。乗船定員が多い通常の客船ではお食事がバイキングになることがほとんどですが、この船はセットメニューが中心です。

メナハウスの庭のプールに映る逆さピラミッド

これから3月くらいまでエジプトの観光シーズンです。少人数のツアーを探している方はぜひ!


全室スイートタイプの客船スターゴッデス号で往く

古代エジプト ナイル川クルーズ 10日間

◎ツアー一覧および最新のツアー催行状況はこちら>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2017年12月26日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

ナイルの流れの色

2017年08月10日

エジプトを流れるナイル川は何色だと思いますか?

砂漠のイメージが強いので、川も茶色いようなイメージでしょうか?

実際は、こんな色です。

アスワンのあたりで撮ったナイル川

真っ青な空が映って、鮮やかな色をしています。

こんなきれいな川を、風に当たりながらクルーズしていくナイルの船旅は最高です。

エジプトの旅は徒歩観光が多いので、船内でリラックスできる時間は貴重です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 内山 智 ( 2017年08月10日 18:20 ) |  メッセージを送る(0)

ナイルの両岸

2016年11月02日

古代エジプトでは、ナイル川の東岸は生きる者、西岸は死者の場所と考えられていました。

ルクソールでも人間が祭事を行う神殿は東岸に、有名な王家の谷は西岸にあります。

ハトシェプスト女王葬祭殿

カルナック神殿に残るレリーフ

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年11月02日 10:07 ) |  メッセージを送る(0)

悠久のエジプトへ

2016年10月24日

クフ王のピラミッド

エジプトの旅を2年ぶりに再開します。

アラブの春以前にエジプトを担当していたこともあり、お気に入りの国の1つ。

4500年前に建造され今でも謎が多いギザの3大ピラミッド、ファラオの墓が集まる王家の谷、隣国との境目にエジプトの権勢を象徴するために建造された巨大なアブシンベル神殿など、毎日が観光のハイライトです。

アブシンベル神殿。近くに宿泊すれば音と光のショーも楽しめます。

そのなかでも私が好きなのは、ナイル川を往くクルーズ船上で過ごす時間。

川沿いに過ぎゆく現代の人々の暮らしや、遺跡群を眺めているだけでエジプトを実感できます。

ナイル川クルーズ船上より

来月、ツアー出発に先駆けて、弊社の担当責任者が現地の受け入れ体制の最終確認に行ってきます。

エジプト、行ってみましょう。

20年ぶりに公開 サッカラ・ウナス王のピラミッド内部にも入場する

アブシンベルにも宿泊する エジプト ナイル川クルーズ 10日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2016年10月24日 18:49 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

内山智

(うちやまさとる)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

内山智 プロフィール

日本テレビの「沸騰ワード10」で「秘境ハンター」として3回紹介される。スイス観光局認定スイススペシャリスト、フレンチコネクション認定「フランス・ベルギー旅の達人」でもある。百名山完登を目指す(18年9月現在22/100)横浜生まれの横浜育ち。

------------------------------
■添乗モットー
ただ立ち寄って写真を撮るだけではなく、自分の足で歩いたり土地のものを食べたりして楽しんでいただく。

■好きな国・地域
ヨーロッパではフランスとスイス、それ以外の地域では南アフリカやナミビア、ボツワナなど南部アフリカの国々やニュージーランド。18年2月、念願のミルフォードトラック(ガイド付きツアー)を歩いた。