期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

山口瞳ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

変わらない安心感

2018年04月03日

少し前になりますが・・・
ペルーより帰国しました。
不動の人気観光地・マチュピチュ(撮影:山口)ワイナピチュ峰、無事登頂!(撮影:山口)
3年ぶりのペルー。
ほぼ何も変わっていなかったというのが正直な印象。
変わらないという安心、ペルーではなんだかホッとします。

変わっていたことは、中国人・韓国人が増えたこと。
日本人観光客のピークは過ぎたようで、それを後追うかのように増加傾向にあるのだとか。
南米屈指の人気観光国、これもまた変わらず。

今回のツアーのメインのひとつは、2017年5月運行開始のベルモンド・アンデアン・エクスプローラーに乗車すること。
古代インカ帝国の首都クスコを出発し、世界有数の高地にあるアンデス高原を横断、
湖面が美しく輝くチチカカ湖へ向かう1泊2日の列車の旅。
通常であれば一部未舗装の道・約380kmを陸路で向かうのですが、
今回はそれをキャビンから優雅に景色を眺めながらの移動。
列車に向かって手を振ってくれる子供たち、アンデスの空気とのどかな風景は
日本での日常では味わえない、ゆったりと流れる時間に幸せを感じる瞬間でした。

情緒あふれる列車の旅、オススメです。

アンデアン・エクスプローラー(撮影:山口)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口 瞳 ( 2018年04月03日 12:24 ) |  メッセージを送る(0)

いいね!

2018年02月23日

アオアシカツオドリ(撮影:山口)ガラパゴス諸島で出会える人気者、アオアシカツオドリ。
名前の通り、青い足が特徴的な体調80cmくらいの鳥。
8~9月の繁殖期には、求愛行動で足踏みをする姿も見られます。
こちらは3月の時の写真なのでノーマルですが、次回チャンスがあれば
是非、求愛ダンスのアオアシカツオドリを見に行きたいです。

◆ツアー責任者黒石が選んだ「いいね!」はこちらから>>

◆ガラパゴス諸島の旅行はこちらから>>
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口 瞳 ( 2018年02月23日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

絶景!

2017年11月28日


ボリビア・ウユニ塩湖(撮影:山口)グランドツアーに入社し、丸8年が経ちました。
前職と合わせたら数え切れないほど世界各地をまわってきましたが、
行く度、必ず涙してしまう絶景があります。

南米・ボリビア中央西部に位置する広大な塩の大地、ウユニ塩湖。
雨季の時期のみ出会える鏡張りの水面は、約40時間かけてはるばる行くからこそ、感動も一入です。

この写真の限られた大きさだけではとても伝え切れません。
1人でも多くの方の目に触れていただきたい絶景です。



◆ツアー責任者高橋が選んだ絶景!はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口 瞳 ( 2017年11月28日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パタゴニアのマッターホルン

2017年02月01日

個人旅行のお客様に同行し、パタゴニアとウユニ塩湖へ行ってきました。
今年、新コースでご案内しているツアーのアレンジ版。
見所の多い南米の中で、この時期人気のパタゴニアとウユニ塩湖の組み合わせ。
往復だけで2日以上かかる地球の真裏へ、はるばる行く価値のある壮大な景色を
お天気に恵まれ、全てお楽しみいただくことができました。
スイスのマッターホルンに似てません?(撮影:山口)写真はパタゴニアのペリトモレノ氷河で見つけた、なんちゃってマッターホルン。
現地ガイドさんに話したら、「よく言われるよ!」と。
やっぱり似ているようです。
とは言いましても、本当のマッターホルンは4,478m、こちらはペリトモレノ山1,640m。
やはり比べものにはなりませんでした!

ウユニ塩湖のシークレットスポット(撮影:山口)ウユニ塩湖では雨季らしい景色をたっぷりと楽しみました。
特に感動的だったのが、現地ドライバーとガイドさんおすすめの
シークレットスポットでのピクニックランチ。
ここは本当に誰も来ることがない、まさにその名の通り、秘密の場所。
ウユニ塩湖は360度地平線の世界となり、どこに向かっているのかわからなくなる場所ですが、
迷いもなくこの素敵な場所へ連れてきてくれた、さすがプロ!
高山病のつらさも忘れさせてくれる時間でした。

また縁あってウユニ塩湖に行ける際には、今回と同じドライバーとガイドさんと一緒に
仕事がしたいと切に願いながら、無事にツアーを終えました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2017年02月01日 17:08 ) |  メッセージを送る(0)

メヒコのおもひで

2016年04月05日

先日、メキシコから帰国しました。
メキシコシティではジャカランダに迎えられ、日本に帰国したら桜が満開に。
南アフリカのイメージが強いジャカランダ、中米でも見ることができるんです。
メキシコシティのジャカランダは咲き始め(撮影:山口)
さて、今回はユカタン半島のチチェンイッツァにてククルカン神の降臨現象を観測するツアーでした。
訪れた当日は雲が多く、姿を現したのはほんの一瞬でしたが、これが逆に貴重な瞬間でもありました。
レジャーシートを敷いてピクニック気分で大きなピラミッドを目の前に。
ククルカン神(蛇)の影、現る!(撮影:山口)
復路は予期せぬダラス1泊追加となり、計10日間になった今回のツアー。
家族旅行のような少人数で過ごしたなかなか終わらない旅に、
「これも縁を感じますね」と談笑した日が、なんだが遠い昔のように感じます。
それだけ濃厚な毎日を過ごした証でしょう。
ご参加ありがとうございました。

VIVA MEXICO(撮影:山口)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2016年04月05日 12:57 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

山口瞳

(やまぐちひとみ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

山口瞳 プロフィール

小柄な見た目とは裏腹なアクティブ人間。好きな国は長期留学もしていたカナダと観光局認定の資格も持つスイス。平日は仕事以外に朝ランと夜ヨガ、休日は美味しいお酒とお料理を心おきなくいただく。新潟出身の千葉育ち。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と一緒に旅を楽しみ、共に過ごす時間を大切にすること

■好きな国・地域
欲張りなので、世界中どの国も好き!
と言いつつ、1番はカナダ

■趣味・特技
スノーボード、ランニング、ヨガ