期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

山口瞳ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

変わらない安心感

2018年04月03日

少し前になりますが・・・
ペルーより帰国しました。
不動の人気観光地・マチュピチュ(撮影:山口)ワイナピチュ峰、無事登頂!(撮影:山口)
3年ぶりのペルー。
ほぼ何も変わっていなかったというのが正直な印象。
変わらないという安心、ペルーではなんだかホッとします。

変わっていたことは、中国人・韓国人が増えたこと。
日本人観光客のピークは過ぎたようで、それを後追うかのように増加傾向にあるのだとか。
南米屈指の人気観光国、これもまた変わらず。

今回のツアーのメインのひとつは、2017年5月運行開始のベルモンド・アンデアン・エクスプローラーに乗車すること。
古代インカ帝国の首都クスコを出発し、世界有数の高地にあるアンデス高原を横断、
湖面が美しく輝くチチカカ湖へ向かう1泊2日の列車の旅。
通常であれば一部未舗装の道・約380kmを陸路で向かうのですが、
今回はそれをキャビンから優雅に景色を眺めながらの移動。
列車に向かって手を振ってくれる子供たち、アンデスの空気とのどかな風景は
日本での日常では味わえない、ゆったりと流れる時間に幸せを感じる瞬間でした。

情緒あふれる列車の旅、オススメです。

アンデアン・エクスプローラー(撮影:山口)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口 瞳 ( 2018年04月03日 12:24 ) |  メッセージを送る(0)

ペルーに行ってきます!

2018年03月14日

マチュピチュ遺跡

明日からにペルーの添乗に行ってきます。

2月に知床・網走添乗だったので、海外添乗は今年初です。

今回のツアーでは、世界遺産マチュピチュ遺跡の入口に建つサンクチュアリー・ロッジに宿泊します。

最近はヨーロッパの個人旅行の手配や見積りで忙しい日々を送っていたので、

久しぶりの南米添乗でリフレッシュしてきます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口 瞳 ( 2018年03月14日 16:35 ) |  メッセージを送る(0)

雨季だからこそ行く、南米

2015年02月24日

今、首位を争う大人気のスポットへ行ってきました。
この日、ブヨに刺されたのも、今となっては良き思い出(撮影:山口)初日に絶景が見られました!(撮影:山口)
言わずと知れた天空都市マチュピチュ。
ここ2~3年で人気急上昇の雨季のウユニ塩湖。
南米2大人気観光地をめぐる13日間の大冒険でした。

雲がかかった幻想的なマチュピチュの風景。
雨の影響をさほど受けることなく、雨季の合間の晴れ間も味わえました。

ウユニ塩湖では雨季ならではの絶景を目の前に、流した感動の涙。
私も思わずもらい泣きしてしまいました。
この気持ちはとても言葉では伝えられず、行った人でないと味わえません。

何度訪れても感動させてくれる、南米のスケール。
ひとまわりもふたまわりも大きくなったこの旅で
ご参加いただいた皆様が「行ってよかった!」と思っていただけたのであれば、嬉しいです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2015年02月24日 15:08 ) |  メッセージを送る(0)

高地を忘れる絶景を求めて

2015年01月21日

2月の添乗が決まりました。
今やトップを争う人気のアノ場所です。

マチュピチュ(撮影:山口)

鏡のようなウユニ塩湖(撮影:山口)
2月10日発
天空都市マチュピチュから
雨季のウユニ塩湖へ 13日間

乾季・雨季問わず通年人気のマチュピチュに
ここ数年で人気急上昇の雨季のウユニ塩湖。

今回はどんなトリック写真を撮ろうかと、考えるたび気分高まります。
そして期待の満天の星空は現れてくれるでしょうか。

今回ご参加の方々は年齢層様々な14名様。
どんな13日間になるか楽しみです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2015年01月21日 18:05 ) |  メッセージを送る(0)

タオルアートのおもてなし

2014年03月19日

アマゾン川クルーズで4連泊したアリア号。
午前のエクスカーションが終わり、お部屋に戻る楽しみがいつもありました。
それは、こちら。
アナコンダ(撮影:山口)サルかと思いきやナマケモノ(撮影:山口)こちらは犬(撮影:山口)
「今日はどんな動物が迎えてくれるのかな」と期待しながら開ける扉。
ベッドメイキングのスタッフはなんと100通りのタオルアートができるとか!
こういうワクワク、旅行ならではの醍醐味ですね。
覚えているうちに私もどこかで披露できればと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山口瞳 ( 2014年03月19日 17:51 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

山口瞳

(やまぐちひとみ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

山口瞳 プロフィール

小柄な見た目とは裏腹なアクティブ人間。好きな国は長期留学もしていたカナダと観光局認定の資格も持つスイス。平日は仕事以外に朝ランと夜ヨガ、休日は美味しいお酒とお料理を心おきなくいただく。新潟出身の千葉育ち。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と一緒に旅を楽しみ、共に過ごす時間を大切にすること

■好きな国・地域
欲張りなので、世界中どの国も好き!
と言いつつ、1番はカナダ

■趣味・特技
スノーボード、ランニング、ヨガ