期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

吉田由香ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

アイスランドより帰国しました!PART2

2019年01月11日

ご参加のお客様がブログを見てくださっているとおっしゃっていただきましたので、張り切ってPART2をUPします!

地味に夜な夜なブログをアップしてますが、やっぱり1人でも読んでくださっている方がいるととても嬉しいです。

ありがとうございます。

今回は年末年始のツアーだったのであいにくレイキャビクのお店は開いていなかったのですが、それでもウィンドウショッピングをたくさん楽しみました。

その様子を少しだけお裾分けします。


ウィンドウショッピング【其の一】  アイスランドには13人のサンタクロースがいてクリスマス13日前から1人ずつ山から降りて街にやってきます。結構いたずら好きなんですよ〜

ウィンドウショッピング【其の二】お正月でもまだまだクリスマスモード。街のいたるところにサンタさんがいます。

ウィンドウショッピング【其の三】トランクから顔だけサンタ。このセンス、好きです。

ウィンドウショッピング【其の四】グロかわ?何がモチーフなのでしょうか。ちょっと血色の悪い、可愛いらしいショーウィンドウでした。

ウィンドウショッピング【其の五】もふもふの羊。アイスランドの羊は新鮮な空気、氷河の溶けた美味しい水、その水で育った水々しい苔を食べて育っているので、アイスランドラムは美味です。こちらの芸術作品は右13500円、左11500円也。高っ!


【おまけ】乗り継ぎのコペンハーゲン空港にて。お客様が見つけたサンタがあまりにも可愛いかったので1枚パシャり。来年のクリスマスが待ちきれないですね〜!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2019年01月11日 22:35 ) |  メッセージを送る(0)

アイスランドより帰国しました!

2019年01月07日

初日の出とともにレイキャビク観光!日の出は11時過ぎ。10時ごろから明るくなります。


みなさま、明けましておめでとうございます。


今年もどうぞよろしくお願いします。


昨日、アイスランドより帰国しました。


新年はレイキャビクの盛大な花火でお祝いしました!


各家庭が10万円もかけて花火を自由にあげるので、街中から花火が打ち上がるんです!


日本では見られない迫力ある花火を見ることができました!


肝心なオーロラもちらっと姿を現してくれました。


お客様にいただいた一枚。花火が綺麗に写ってますねー!頭に降りかかってくるような花火から遠くで上がる花火まで色々な花火を見ることができました!

肉眼ではうっすらでも携帯ではこんなにはっきり撮ることができました!


大晦日の夜は豪華なセレブレーションブュッフェをいただきました!

氷河が押し寄せるダイナミックな氷河湖も見学しました!

アイスランドの馬は人懐っこくて優しくてとっても可愛いんですよ〜!ちゃっかりカメラ目線


氷の洞窟でアドベンチャー体験もしました!


ダイナミックなアイスランドで間欠泉を見たり、地球の割れ目を見たり、氷河から流れ出る大きな滝を見たり、大自然を満喫するツアーでした。


ご参加のみなさまへ

あまり寒くないアイスランド。

気温の差はあまりないですが、そろそろ旅のお疲れが出てくるころかと思います。

風邪など引かれませんようご自愛ください。

ご参加ありがとうございました。

吉田由香

初日の出とハットルグリムス教会。なかなか幻想的な雰囲気でした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2019年01月07日 23:02 ) |  メッセージを送る(0)

世界で最も住みやすい都市は?

2018年08月30日

と聞かれたらどこが思い浮かびますか?


カナダのトロント?バンクーバー??


それともオーストリアのシドニー?メルボルン??


今年見事にトップに選ばれたのは音楽と芸術の街ウィーンなんです!

記事はこちら〉〉〉

AFP通信によると英誌エコノミストにより世界140都市からなんと1位に選ばれたそうです!

ちなみに2位はおなじみのメルボルン。

3位はなんと!大阪でした!

こちらはモーツァルト像。ウィーンには音楽家ゆかりの地がいたるところにあります。
ウィーンが首位を取るのは初めてとのこと。

中欧担当としてウィーンが選ばれたことはとっても嬉しいことです。

嬉しいので早速新コースを企画しました!

「住みやすい街=安全な街」なので、おひとりで旅をしていても、安心ということです。

なので、お一人様用のツアーにしました。

ご興味あるかたはこちらをご覧ください。

【新コース】一人旅 優雅に過ごすウィーン7日間
◆おひとり様でも安心、添乗員同行
◆6名様から催行
◆厳選したリンク内に位置する5つ星ホテルに滞在
◆フリータイムもバランスよくあるので自由に動けます
◆ベテランの認定ガイドが市内観光にご案内します


是非この機会に『世界で最も住みやすい都市』に行ってみませんか?

ご参加お待ちしてます。


グスタフ・クリムトの数々の絵画が展示されているベルヴェデーレ宮殿

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2018年08月30日 21:50 ) |  メッセージを送る(0)

フルヴァツカより帰国しました

2018年07月07日

この国旗がヒント!

チェックの上部に並ぶ5つの紋章は左から、中央クロアチア、ドゥブロヴニク、ダルマチア、イストラ、スラヴォニアの5つの地域を表しています。

???

ん???

???

どこ???

???


と、思われた方が多いはず。

実はブルヴァツカとはクロアチアの正式名称なんです。

クロアチア語でRepublika Hrvatskaと言います。

今ワールドカップで絶好調の国。

グループDの予選を断トツトップで通過したクロアチアですが、

3-0でアルゼンチンを負かせて、あのマラドーナを激怒させたほど。

現地でもツアー中、アイスランドとの試合があり、

とっても盛り上がってました。

今年、絶好調なので現地ではユニフォームも売り切れ状態。

準々決勝は7月8日〔日〕の午前3時! 開催国ロシアと対戦です。

勝てばベスト4進出!

さぁ!眠い目をこすってみんなで応援しましょう!

がんばれブルヴァツカ!

オレンジ色の屋根が良く映えるドブロブニク


特別観光のザグレブでは世界一短いケーブルカーにも乗りました

エメラルドグリーンに輝くブレッド湖では家族経営のプレトナという手漕ぎボートに乗りました

世界遺産ディオクレティアヌス帝の宮殿が残るスプリットにもご案内しました。3世紀の宮殿が残っているなんて考え深いですね。

ご参加のみなさまへ

この度はスロベニア・クロアチア9日間にご参加いただきありがとうございました。

ひょんなことから9日間から10日間になってしまいましたが、

これも印象に残るツアーになったのではないでしょうか。

色々あり大変お疲れ様かと思いますが、

どうぞご無理なさらず、ゆっくり休んでください。

ありがとうございました。

吉田 由香


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2018年07月07日 00:35 ) |  メッセージを送る(0)

最終目的地ドブロブニク

2018年06月29日

スロベニア・クロアチアのツアーに来ております。


私たちは今、スロベニアから最終目的地のドブロブニクまで南下してきました。


ツアーはブレッド湖のグリーンから


アドリア海のブルー、


ドブロブニクのオレンジと変化してきました。


その様子をご覧ください。


ブレッド湖のグリーン(スロベニア)アルプスの瞳と称されるこの湖はエメラルドグリーンに輝きます。

カルスト地形の語源になったクラス地方。世界遺産シュコツィアン洞窟へ向かう途中のグリーン(スロベニア)

世界遺産プリトビチェ湖群国立公園のグリーン(クロアチア)綺麗な滝や湖を見ながら散策しました。

ナウムから見たアドリア海のブルー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)ドブロブニクは飛び地になっているのでスロベニアから南下してくると必ずボスニア・ヘルツェゴビナを通ります。

世界遺産スプリットのスカイブルー(クロアチア)お天気に恵まれた港町スプリット。ドブロブニクのオレンジは乞うご期待!

【おまけ】道中、運良くダブルレインボーを見ました!そして今日の夕食時にも間近に迫る大きな虹を見ることができました。何かいいことがある予感♫みなさまに幸運が訪れますように!あと二日間、どうぞよろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2018年06月29日 03:22 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

吉田由香

(よしだゆか)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

吉田由香 プロフィール

学生時代にバックパッカーでメキシコを縦断するなど訪問国数は80カ国を超す。一期一会をモットーに人との出会いや繋がりを大切に人間味のあるツアー責任者を目指す。意外にも中型バイクに乗るアクティブ派。

■添乗モットー  気を使わせない心配り
■好きな国・地域 中米・中央アジア。区画化された奇麗な街並みよりも永遠に続く砂漠や草原などの大自然が好き。
■趣味・特技 アウトドア。