期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

吉田由香ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

タンザニアから戻りました

2018年02月16日

私たちの目の前をゾウの大群が通り過ぎていく姿は圧巻でした!

お天気に恵まれ、動物に恵まれ、ドライバーに恵まれ、サファリ大満喫の9日間でした。

ご参加のみなさま、帰国後、いかがお過ごしですか?

日本は真冬、タンザニアとの気温差で体調は崩されておりませんでしょうか。

現地では「ビッグ5」が見れて、良かったです。

前回、アフリカへ来たお客様もビッグ5は見れなかったとおっしゃられていました。

今回リベンジ出来て本当に良かったです! 2週間ぶりに現れたというヒョウはすぐに姿を消してしまいました。一瞬でも見ることが出来てラッキー‼️ ライオンと目があった瞬間。近くで見ると大迫力!野生の鋭さを感じる眼光でした。、

ご参加のみなさま、今回のご旅行はお楽しみいただかましたでしょうか?

またのご利用お待ちしております。 私は、来月イタリアに行って来ます。

そして、4月はペルー、9月はコーカサスのアサインが決まりました。

ご参加のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

このエリアをご検討の方、是非ご一緒しませんか?

3月3日発

日本航空で往く イタリア・栄華香る 四都めぐり 9日間

詳細はこちら>>>

4月29日発【催行決定】

あのサンクチュアリー・ロッジに泊まる ペルー夢紀行 9日間

詳細はこちら>>>

9月17日発【催行予定】

ノアの方舟のアララト山とシルクロードの文化の交差路コーカサス 10日間

詳細はこちら>>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2018年02月16日 12:40 ) |  メッセージを送る(0)

新しい年、新しい旅

2018年01月10日

みなさまの「新しい年、新しい旅」はどちらでしょうか?

今日、ご紹介するのは珍しいコーカサス地方です。

コーカサス地方、あまり聞き慣れないデスティネーションではありますが、

実はヨーロッパとアジアを繋ぐ重要な位置にあります。

アゼルバイジャン

首都バクーは第二のドバイとも呼ばれ、石油の恩恵を受けた経済豊かな国アゼルバイジャン。バクーのシンボルはメラメラと輝く「炎のタワー」

ジョージア

まさに絶景が広がる国。標高5000mのカズベキ山は圧巻です。

アルメニア

人類史上初のキリスト教国家のアルメニア。美人大国としても有名です。画像はアララット山とホルビラップ修道院。

 

気になる方はこちら>>>

各都市5つ星ホテルでゆったり2連泊
ノアの方舟のアララト山とシルクロードの文化の交差路コーカサス10日間
出発日:5/21(月)、6/11(月)、7/9(月)、8/6(月)、9/17(月)、10/1(月)

※9/17出発は催行予定!もう少しで催行決定です。

 

 

コーカサスがPICK UPされてます。

■朝日デジタル■ 世界美食紀行でジョージアが紹介されました。  

>>>詳細はこちら

■HUFFPOST■ 世界100ヶ国を旅して、最高の国はジョージア(グルジア)だった5つの理由   

>>>詳細はこちら

■DTAC観光情報局■ DTACアゼルバイジャン観光情報局新着ニュース一覧   

>>>詳細はこちら

■日経ビジネスオンライン■ アルメニア:商人と美人の狭間で  

>>>詳細はこちら 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2018年01月10日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

吉田由香

(よしだゆか)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索

吉田由香 プロフィール

学生時代にバックパッカーでメキシコを縦断。一期一会をモットーに人との出会いや繋がりを大切に人間味のあるツアー責任者を目指す。意外にも中型バイクに乗るアクティブ派。写真倶楽部に所属。

■添乗モットー  気を使わせない心配り
■好きな国・地域 中米・中央アジア。区画化された奇麗な街並みよりも永遠に続く砂漠や草原などの大自然が好き。
■趣味・特技 アウトドア。