期待を超える「感動」がある。

グランドツアーニュース

海外ツアー中、添乗員が体調管理のために気をつけていることとは?

2019年09月19日

ナミブ砂漠にて 撮影:佐藤

旅行中、体調を崩してしまっては、旅の楽しさも半減。

本日は、JTBグランドツアー&サービスの添乗員が体調管理のために気をつけていることをご紹介します。



◆食事の際に・・・◆

・朝食を食べ過ぎないようにしています。特に朝食の卵料理など・・・。

・日本での食事に比べて野菜が少ないことが多いので、意識的に野菜を食べるようにしたり、
青汁を持参して補ったりしています。

・ついついおいしい!と食べてしまいがちですが、
慣れないものは少なめにし、食べ過ぎないように気をつけています。



◆ホテルでひと工夫◆

・バスソルトを必ず持っていきます。
寒気がした時は、熱めのお湯にバスソルトを入れ、ガッと汗をかいてすぐ寝る!
すると、どうにかツアー中は体調を崩さずに乗り切れます。

・手洗いとうがい、朝の3分ヨガを欠かさずしています。

・持ち運びできる加湿器を使ったり、ぬれたタオルを用意したりして、
乾燥でのどを痛めないように気をつけています。



◆持ち物も・・・◆

・天気予報をあまりあてにしていません。特にヨーロッパなど、すごく変わりやすく、
気温も油断できません。傘はいつも持ち歩くようにしています。


行き先によっては、暑かったり、寒かったり・・・。
時差ボケになることもありますので、ちょっと気をつけることで
より旅を楽しめるかもしれません。

参考になりそうなものがあれば、ぜひお試しください!

______________________________________

\おすすめツアー特集/

◎出発月別のおすすめツアー特集を見る>>

______________________________________

【予告】2020年の旅、順次発表します!

先行予告版として、ゴールデンウィークおよびお盆出発の発表予定のツアー情報を掲載しています。
詳しくは下記をクリックしてご覧ください。


◎2020年4月~10月出発ツアーの発売スケジュールについてはこちら>>

______________________________________

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>
______________________________________

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 長谷川 奈々 ( 2019年09月19日 14:42 )

海外旅行に必須ではないけれど、あったら便利な持ち物とは?

2019年08月08日

人気急上昇中のフェロー諸島(撮影:綾部)

旅の準備をしていると、持っていこうかどうしようかな、と
迷ってしまうこと、ありませんか?

本日は、必ずいるわけではないけれども
あったら役に立つものをご紹介します。



(1)割りばしや紙皿

旅先でちょっとお箸があったら便利なのに、あるのはスプーンとフォークだけ、ということはありませんか?
渡航先にもよりますが、そんなときにも割り箸や紙皿を持っていると便利です。
ホテルでの滞在が長い場合は、紙皿にサランラップをかけると繰り返し使えて便利です。



(2)気泡緩衝材

いわゆる「プチプチ」「エアクッション」などと呼ばれる緩衝材。
割れ物を包むだけではなく、隙間を埋めて荷物がごちゃこちゃになるのを防げます。
手持ちのものがあれば、スーツケースの端っこに入れておいてもいいかもしれません。



(3)ガムテープ

スーツケースのちょっとした破損の補修に使えます。
また、秘境方面では稀にバスタブに栓がないことがあり、そんなときにも大活躍。
布ガムテープや養生テープと呼ばれるタイプが便利です。



(4)冷却ジェルシート

急な発熱時はもちろん、添乗員が真夏の遺跡観光時に熱中症予防としてお客様にお配りすることもあります。


(5)ドライバー

メガネやサングラスの調整などに使える小さなタイプを持っていると
ちょっとした不具合に役立つことが多いです。



意外なものはありましたか?


周遊型や短めの日程の時は
極力身軽に最小限の荷物で旅するのもあり、

クルーズや一都市滞在で荷物の出し入れが少ないときは
あったらいいかも?というものを少し多めに持っていくのもあり。

渡航先や滞在日数に応じて調整してみるとよいかもしれません。

--------------------------------------------------------

旅の最新情報はメルマガでお届けしています。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

--------------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 長谷川 奈々 ( 2019年08月08日 12:47 )

添乗員がおすすめする、海外旅行の持ち物とは?

2019年06月29日

完成に近づきつつある、スペイン・バルセロナのサグラダファミリア。(2019年6月撮影)

海外旅行を予定されている皆様へ、何をもっていったらよいのだろう?と悩んだことはありませんか?

本日は、JTBグランドツアーの添乗員が「旅先で快適に過ごすためにあったら便利なもの」という視点で選んだおすすめの持ち物をご紹介します!


◆エコバック◆

海外では、買い物袋が有料だったり、すぐ破れてしまうような素材のことも。
コンパクトに折りたためるエコバックが役に立ちます。


◆お茶◆

ホテルのお部屋で、ほっと一息つきたいときに。粉末状のものが便利です。
東南アジアでは、現地調達しようとしても甘いお茶しか見つからない、ということも。
緑茶はちょっとしたお土産にすることもできます。


◆ハンガー◆

固定式だったり、意外と部屋にあるハンガーは使いづらいもの。
かさばらない針金ハンガーがおすすめです。


◆S字フック◆

ちょっと乾かしたいものがあるのにかける場所がない!というときなど、
ひとつあると何かと役に立ちます。


◆ジッパー付き透明プラスチック製袋◆

シャンプーやお土産で買ったハチミツなどの液体類の漏れを防げます。
ケーブル類や小物類の整理にも中身が見えて使いやすいです。
液体物機内持ち込み用の袋として使うには、縦20㎝以下×横20㎝以下であることが必要ですが、
大きめサイズも衣類の仕分けなどに便利です。


本日ご紹介したものはほんの一部。

ほかにはどんなものを持っているか、ツアー中にぜひ添乗員に聞いてみてくださいね。

--------------------------------------------------------

旅の最新情報はメルマガでお届けします。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

--------------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 長谷川 奈々 ( 2019年06月29日 12:23 )

添乗員が実践している、パッキングのコツや裏ワザとは?

2019年06月20日

一度は訪れてみたいマチュピチュ遺跡

旅行中、手間がかかることといえば、【荷物のパッキング】ではないでしょうか。
本日は、JTBグランドツアーの添乗員(ツアー責任者)が実践しているパッキングの裏技をご紹介します!

(1)荷物の入れ方を工夫!

◆ストレスなく、パッキングをするために重要なのは、「定位置決め」
最初に定位置を決め、スーツケースの中身はいつも同じ場所に同じものを収納します。
探す手間も減り、忘れ物もなくなります。
パッキング後、写真を撮っておくのもおすすめ。
同じ荷物のはずなのに、帰る時に入らない!とあせったときに効果を発揮します。

◆使うタイミングをイメージする。
初日~3日目に使いそうなものは、出しやすいところに入れるか手荷物に入れます。
また、ファスナーで上部が開け閉めできるスーツケースの場合、使用頻度の低いものは下方へ、
高いものは上方へ入れることで時短になります。
衣類はメッシュのケースに入れて分類して、使ったものから別のランドリーバッグに移します。


(2)便利グッズをフル活用!

◆気泡緩衝材
「プチプチ」「エアクッション」などと呼ばれる緩衝材は、割れ物を包んだり隙間を埋めるのに役に立ちます。
ワインなど割れ物を買う予定がある場合は、荷物の隙間にいれておくとよいでしょう。

◆中身の見えるメッシュタイプのポーチ
小物を入れるのに便利です。
洗面用、充電器などのコード類、など目的別に分けておくと使いやすいです。

◆圧縮袋
かさばる荷物を圧縮するためだと思われがちですが、意外な使い道も。
スペースがある場合は逆に膨らませて緩衝材がわりにもなりますよ。

◆シャワーキャップ
靴をかさばらずに収納でき、便利です!
透明なものを使えば、何がどこにあるかも一目瞭然です。

◆サランラップ
予定していない割れ物を購入してしまった時、タオルで巻いて、その上からラップでぐるぐる巻きに。
化粧品など、漏れるのが心配なものもラップで巻いておけばひと安心。
スーツケースが閉まらなくなった時のバンド代わりにもなります。


(3)たくさん入らなくて困ったときの裏技!

◆とにかくスーツケースの四隅から入れる。たくさん入ります。

◆どうしても収まらないとき、一旦、スーツケースを閉じて、ゴロゴロ動かしてみてください。
すると「あら不思議!」、開けてみると重みで上のほうに隙間ができています。


いかがでしたか?
ぜひ次の旅行で試してみてください!

--------------------------------------------------------

旅の最新情報はメルマガでお届けしています。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

--------------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 長谷川 奈々 ( 2019年06月20日 12:31 )

地中海クルーズってどんな感じ?カジュアルかつエレガントな船旅のお誘い。

2019年06月05日

マルタ共和国ヴァレッタの港に近づくボイジャー号

先日、地中海クルーズの旅から帰国しました。
モナコからイタリアの長靴型の半島沿いに南下し、シチリア島、マルタ共和国を経て、マヨルカ島、バルセロナまで。何度となく訪れたことのある街も海から眺める街は一味違って素晴らしい!
これこそ、非日常の世界だな~と感じました。

美しい地中海を眺めながら、優雅な食事を楽しみつつ、寄港地ではツアーに参加したり、のんびり港を散歩したりして、あっという間に最後の港に着いてしまいました。
今でも、時々、船上の生活が懐かしく思い出される今日このごろです。

今朝は地中海を眺めながら朝ごはん ♪

さて、グランドツアーでは、以下のとおり説明会を行います。
是非、この機会にクルーズの旅をご検討ください。

ザ ストリングスで開催!
「オーシャニアで行く地中海クルーズの魅力」

◆日時 2019年6月24日(月)14:30~16:00

◆場所 「ザ ストリングス 表参道」(東京・表参道)

◆先着 15名様につき早めにお申し込みください。

◆プティフール付きのティータイムをお楽しみいただきながら、オーシャニアクルーズ マリーナ号の魅力と11月に出発する新発表の船旅をご紹介します。

◆詳しくはコチラを参照ください。

オーシャニアクルーズ マリーナ号

(文:龍谷)

--------------------------------------------------------

新パンフレットの最新情報はメルマガでお届けします。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷 秀昭 ( 2019年06月05日 00:00 )

カテゴリー

JTBグランドツアーのこだわり
デジタルパンフレット
地球旅~まだ遊び足りない大人たちへ~
10名様限定の旅「夢紀行」
◆ツアー責任者決定ツアー◆
◆催行決定(出発保証)ツアー◆
◇動画で旅する人気ツアー◇
ツアー責任者もおすすめの人気ツアー
◇メルマガ限定情報◇
おひとり参加大歓迎
新ツアー情報
特集!
ビジネスクラスも人気のツアー
個人旅行/オーダーメイドツアー/ザ・グランシェルジュ
モデルプラン
母と娘のふたり旅
テレビに登場!旅番組情報
旅のお役立ち情報
マスコミ紹介実績・お客様の声
全国各地からご参加の方へ
関西からの参加をご希望の方へ
九州からの参加をご希望の方へ
週末・連休利用の旅
各航空会社情報
イベント・説明会のお知らせ
★グランドツアーハイキング倶楽部★
★グランドツアー写真倶楽部★
季節ごとのおすすめ
≪年末年始・お正月ツアー≫
≪ゴールデンウィークツアー≫
4月のおすすめツアー
5月のおすすめツアー
6月のおすすめツアー
7月のおすすめツアー
8月のおすすめツアー
9月のおすすめツアー
10月のおすすめツアー
11月のおすすめツアー
12月のおすすめツアー
1月のおすすめツアー
2月のおすすめツアー
3月のおすすめツアー
≪春の旅≫
≪夏の旅≫
≪秋の旅≫
≪冬の旅≫
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
オランダ・ベルギー
ギリシャ・キプロス
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ポーランド
ルーマニア・ブルガリア
北欧・オーロラ・ロシア
北極
オーロラ
北欧
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
中南米
南米周遊
ペルー
リオのカーニバル
ウユニ塩湖
パタゴニア・南極
ギアナ高地・アマゾン川・レンソイス
ガラパゴス諸島・イースター島
コスタリカ
メキシコ・キューバ・パナマ運河
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
チュニジア・モロッコ・アルジェリア
エジプト・スーダン
マダガスカル
中近東
トルコ
シリア・ヨルダン
トルクメニスタン・イラン
ウズベキスタン
コーカサス3国
ドバイ
イスラエル
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ
ハワイ
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ
アジア・中国
インド・スリランカ・モルディブ
ネパール
カンボジア・ベトナム
ブータン
ミャンマー・ラオス
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
台湾
中国・中央アジア・シルクロード
日本をめぐる旅
小笠原諸島ツアー
お知らせ・ご挨拶
-->