期待を超える「感動」がある。

グランドツアーニュース

いまクルーズが人気!おすすめツアーをご紹介

2019年05月16日

近年クルーズの需要が高まってきているのはご存知でしょうか?

一回クルーズを経験すると、その楽しさや体への負担の少なさから、

リピート率は90%のにも上ると言われてます。

これは驚愕的な数字です!

この数値からいかにクルーズ旅行が満足度の高いものになっているのかが分かります。

まだ余り知られてませんが、外国船クルーズは「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」と3種類のクラスに分かれます。

また、外洋クルーズ以外にもヨーロッパではリバークルーズも流行ってます。

今回はヨーロッパのクルーズ旅行をご紹介いたします。

【10月7日(月)発】コースNo.3249 

6つ星豪華客船リージェント セブンシーズ クルーズ ボイジャー号で往く 東地中海クルーズ11日間全室スイートタイプのセブンシーズ ボイジャー号 Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

なんとこちらのクルーズは全室バルコニー付きのスイートタイプ

もちろんクルーズのカテゴリーは「ラグジュアリー」!

数少ない6つ星の豪華客船です。

その日の気分で楽しむ複数のレストラン、無制限のwi-fi接続、チップやお飲み物代の精算が不要な究極のオールインクルーシブ制は、クルーズ中もクルーズ後も煩わしさから解放してくれます。

乗客1.5人に対するクルーの数が1人というきめ細やかなサービスが自慢のクルーズです。

5月23日(木)14:30~に弊社オフィス(表参道)にてクルーズ説明会も開催します。

お気軽にご参加ください

ツアーの詳細はこちら>>

クルーズ説明会ご予約はこちら>>

続いて、リバークルーズのご紹介。

ヨーロッパでは既に人気のリバークルーズ。

ヨーロッパの川というと、どの川が頭に浮かぶでしょうか。

セーヌ川?ライン川?ドナウ川?

今回はたくさんある中でもドナウ川はヨーロッパで2番目に長い川、全長2850m!の

ドナウ川リバークルーズをご紹介します。

【12月28日(土)発】コースNo.3200

中欧4ヵ国をめぐる ドナウ川ニューイヤーリバークルーズ 9日間

クルーズ船の一例 ⒸLuftner Cruises

リバークルーズは外洋クルーズと比べ、川の流れが穏やかなので揺れが少なく、

船が街の中心地のそばに停泊するので、観光へのアクセスも楽です。

また、外洋クルーズのラグジュアリー船と比べ、ドレスコードがないので、

比較的気軽な服装(スマートカジュアル)で参加できます。

クルーズ移動中は川の両岸に迫る、ヨーロッパの古い町並みや景色を愉しむこともできます。

今回ご利用の2019年4月就航の「アマデウス・スター」を利用します。

全てのお部屋が窓付き スイートは屋外バルコニー付き

さらに年末年始を華やかに船上で過ごしてみませんか?

ツアーの詳細はこちら>>

------------------------------------------------

その他クルーズはこちら

No.3155 8/26発 出発限定!

「クリスタル・シンフォニー号で往く 大氷河に迫る、アラスカクルーズ 11日間」

アメリカの旅行誌「トラベル&レジャー」の読者投票・大型客船部門で、20年連続で第1位受賞のクリスタル・クルーズの旅!

No.3127 8/21発、10/2発

「赤道直下の楽園 ガラパゴス諸島 サンタクルスII号 6泊クルーズ 12日間」

新調された「サンタクルスⅡ号」は洗練されたサービス内容と、我が家のような温かさを醸し出す雰囲気が自慢!

No.3107 9/29発(催行予定)

「古代エジプト紀行 ゆったりナイル川クルーズ 10日間」

スイートルームで愉しむ優雅な4泊5日のナイル川クルーズ!

No.3180 9/12発 

「中部エジプトも訪れる ナイル川クルーズ 18日間

カイロからアスワンまでたっぷり14泊15日の壮大なクルーズを満喫!

No3064 6/20発、7/13発、8/8発全て催行決定!

 「北海クルーズも楽しむ 北欧4ヵ国周遊 9日間」

クルーズというよりフェリークルーズですが、オスローからコペンハーゲンまで船内1泊します。

文:吉田

---------------------------------------------------

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?

◎デジタルパンフレットを見る>>

◎最新ツアー情報はメルマガで!詳しく見る>>

----------------------------------------------------

夏休みのご予定はお決まりですか?

◎夏休み特集を見る>>

----------------------------------------------------

月別のおすすめはこちらから↓↓

◎7月のおすすめを見る>>

◎8月のおすすめを見る>>

◎9月のおすすめを見る>>

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2019年05月16日 09:54 )

写真で見る船旅! グランドツアーの地中海クルーズ

2019年05月08日

グランドツアーが自信を持っておすすめする地中海クルーズ!
初めての船旅で「選んでよかった!」と言っていただけるクルーズライフを写真で紹介しましょう。

ご利用いただくキャビンの専用バルコニーⒸリージェント セブンシーズクルーズ

もちろん、専用バルコニーが付いています。
お部屋にいても大きなガラス戸から美しい地中海を眺めていただけます。

デラックスベランダスイート Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

広さ約33㎡ ゆとりのスイートです。
ソファースペースとツインベッド。バスタブはもちろんシャワーブースも付いています。
ウォークインクローゼットでお部屋もすっきり、快適です!

Suite Balcony CoupleⒸリージェント セブンシーズクルーズ

デッキで海を眺めながらヨガはいかがですか?Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

フィットネスセンターの施設も充実!Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

プールデッキでスイミングもお楽しみくださいⒸリージェント セブンシーズクルーズ

ごゆっくりおくつろぎくださいⒸリージェント セブンシーズクルーズ

デッキで優雅に! Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

細部にまで至る行き届いたメンテナンス! Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

一流のスパでマッサージやトリートメントもⒸリージェント セブンシーズクルーズ

ホライズン ラウンジ デッキの様子Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

お料理の一例 Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ

フレンチ、ステーキ、イタリアンなど、5つの一流レストランでの美食を楽しめます。
毎日がエレガント・カジュアルで、正装が必要ないのも魅力です。
お好きな時間に、また、お部屋でもお召しあがりいただけます。
全てのレストランではシャンパンやプレミアムスピリッツを含むアルコール類も含め追加代金はかかりません。

船内にある4つのBARでも心ゆくまで Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

プロムナードを優雅に Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

優雅にカジノも楽しみましょう Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

毎夜のエンターテイメントも充実! Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

様々なプログラムで飽きさせません! Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

寄港地のプログラムも充実! Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

ボイジャー号 Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

乗組員一人あたりのお客様の数は約1.56人!
ラグジュアリーな船旅の体験をお約束します。
ぜひ、客船から眺める美しい地中海沿岸の風景をお楽しみください!

10月7日(月)出発
ローマからイスタンブールを経てアテネまで
6つ星 豪華客船 リージェント セブンシーズ クルーズ ボイジャー号で往く 東地中海クルーズ 11日間

★説明会にお越しください。
(予約はコチラ ↓ ↓ ↓ をクリック!)
日時:5月23日(木)14:30~16:00
場所:当社説明会会場(東京・表参道)

(文:龍谷)

---------------------------------------------------

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?

◎デジタルパンフレットを見る>>

◎最新ツアー情報はメルマガで!詳しく見る>>

----------------------------------------------------

夏休みのご予定はお決まりですか?

◎夏休み特集を見る>>

----------------------------------------------------

月別のおすすめはこちらから↓↓

◎7月のおすすめを見る>>

◎8月のおすすめを見る>>

◎9月のおすすめを見る>>

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷 秀昭 ( 2019年05月08日 10:00 )

イギリス おすすめのツアー(服装のことも・・・)

2018年11月26日

「イギリス」や「英国」と聞くとイメージするのは、
映画「ハリーポター」や「007」シリーズ、ダイアナ妃、ビートルズ、紅茶などでしょうか?


年代や興味により様々あると思いますが、
ヨーロッパの中、いえいえ広い世界の中でも是非、一度はじっくり訪れていただきたい国だと言えましょう。


グレンフィナン橋と蒸気機関車「ジャコバイト号」ⒸVisit Britain
グランドツアーではしっかりと見どころを押さえつつ、
適度にのんびりと過ごし
エジンバラやコッツウォルズでは一流のホテルに連泊していただきながら、
美味しい料理美しい田舎を満喫していただける英国のツアーを用意していますよ。


どうぞ、安心してご参加いただければと存じます。

シーフードレストランにてⒸVisit Britain

コッツウォルズ地方のマナーハウス
<おすすめポイント>
グランドツアーで長くツアーを紹介してきて、
最もよく耳にするお客様の声、特にお喜びの声は・・・
「田舎の風景に感激した!」
「食事が意外と美味しかった!添乗員からパブに誘われて出かけたのも楽しかった!」
「ミリタリー・タトゥーが素晴らしかった!」
「自由行動時やフリーの食事の際、添乗員が案内してくれて安心だった!」

などがあり、おすすめのポイントでもあります。

ツアーの詳細は以下を参照ください。


<服装>
ところで、イギリスの天候は変わりやすく服装や靴、持ち物を決めるのに困る、とよく耳にします。
まず、日中は男女ともに観光のためにスポーティな動きやすい服装と歩きやすいウォーキングシューズがよいでしょう。
寒暖差に備え、羽織るものは必須です。
そして、朝、どんなに晴れていても念のため、折りたたみ傘を!



<ドレスコード>
夕刻以降はホテルやレストランの格により、一定のドレスコードが設けられていることがあります。
大事なことはその場の雰囲気を盛り上げ、ご自分が楽しめる服装がイチバンです。
ツアー中、おしゃれなレストランに出かけるとき、
男性なら襟付きのシャツにジャケットやブレザー(店にもよりますが、ほとんどノータイでもOK)。
女性は普段着よりもちょっとだけお洒落な服装・・・と言ったところでしょうか。
特に女性の場合、フォーマルな場合を除くと極めて自由度が高く、これが正解、というものがありません。



<気候>
朝、青空でも、急に雲が出てきて雨が降り出し、凍えるように寒くなることがあります。
イギリスでは「弁当忘れても、傘忘れるな!」という言葉があるかどうかはわかりませんが、「一日の中に四季がある」とは私たちもよく使う言葉です。
寒暖差が大きく、天気が変わりやすいのが最大の特徴でしょう。
イギリスでは季節を問わず、その時のお天気により、寒くなったり、暖かくなったりします。
温暖なイメージのある8月でも、北のエジンバラでは日暮れ以降はダウンジャケットが欲しくなるほど冷えることも珍しくありません。
毎年8月にエジンバラで行われる祭典「ミリタリー・タトゥー」は夕方から夜にかけて行われますが、いつもお客様から「ダウンジャケットを持って来るように言われ、にわかに信じ難かったけれど持って来て正解だった」と言われます。


祭典「ミリタリータトゥー 剣の舞」の一場面【龍谷撮影】

さあ、魅力ある美しい田舎の風景やビートルズが生まれたリバプールなど、
是非、ご自分の目でイギリスをご覧になってください!
(文:龍谷)

________________________________________

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?


おかげさまで、お届け直後から、ゴールデンウィークのツアーを中心に多くのお申し込みをいただいております。
特に、4/27(土)、4/28(日)出発のビジネスクラスのお席については、ほとんどのツアーでキャンセル待ちとなっております。

ビジネスクラスのお席は、お申し込みいただいてからの手配となるため、1日も早くお申し込みいただくと、キャンセル待ちの順位も上がります。
あわせて前後の出発日のツアーや、お盆出発のツアーもご検討いただくことをおすすめします。
(Webページが準備中のツアーにつきましては、お問い合わせフォームよりご予約を承ります。)

◎ツアー詳細はオンラインでもご覧いただけます。詳しくはこちら>>

◎最新ツアー情報はメルマガで!ご登録はこちら>>

◆世界の絶景写真集も更新しています!詳しくはこちら>>

◆公式インスタグラムのフォローも大歓迎!詳しくはこちら>>

________________________________________

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷 秀昭 ( 2018年11月26日 10:00 )

上野の森美術館「フェルメール展」にて

2018年10月15日

先日、フェルメール展に行ってまいりました。
フェルメールが生涯に描いた全35点のうち、9点が一同に会するというビッグなイベント!
さすがに人気画家のひとり、フェルメールですから大盛況でした。

「牛乳を注ぐ女」アムステルダム国立美術館蔵

※上野は撮影禁止で、この写真は数年前、アムステルダムで撮影したものです。

ただ、通常の美術展と違い「日時指定入場制」なのです。
いわば予約制ということです。

一日を6つのブロックに分け、そのブロック内の時間のみ入場できるというシステムです。
時間内であれば、いつ入場してもOKで、閉館まで過ごすことが可能です。
各ブロックの初めのうちは少し列ができるようですので、そのブロックの後半に入場するように会場へ行けば、さほど混雑せずに楽しめると思いますよ。

上野の森美術館前にて

ところで、
私たちグランドツアーのご旅行にご参加いただければ、ひとつのツアーでフェルメールの絵画を7点ご覧いただけますよ!

今、そのツアーパンフレットを作っている最中です。
11月初旬にはご案内できると思いますので、どうぞ、お楽しみに!

(文:龍谷)

_______________________________________

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?

◎最新ツアー情報はメルマガで!ご登録はこちら>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷 秀昭 ( 2018年10月15日 17:14 )

2018年10月、あなたは東京にいますか?

2018年03月21日

現存するフェルメールの絵画35点のうち8点が東京に集結!

「牛乳を注ぐ女」(アムステルダム国立美術館にて)撮影:龍谷

これは日本で行われる美術展史上、最大の規模だそうで、大変な混雑が予想されるため、入場に際しては日にちと時間を指定するとのこと。
待ち時間が少なく、空間と時間もゆったりと名画に向きあえる、かつてない贅沢な美術展になるのだそうです。

美術展の詳細は4月頃、発表です。
(以上の情報は「オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース」から引用しました。)

上の写真は私がアムステルダム国立美術館で撮ったものです。
お馴染みの作品ですが、何とこの絵の左右にはあと3枚もフェルメールの作品が並んで展示してあり圧巻でした!

↓ これがその写真です。

4つのフェルメール作品が並ぶ様子 撮影:龍谷

間もなくチューリップの季節!
グランドツアーでオランダやベルギーを訪れるコースにご参加の皆さま、
10月、東京に来る前のフェルメール作品群を楽しんで来てくださいね!

オランダ・ベルギー・ルクセンブルクのコース紹介はこちらをクリック!

(文:龍谷)

いずれもこちらのパンフレットに掲載しています

資料請求はこちらから承ります。

________________________________________

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?

1月末に発表したパンフレットについて詳しくはこちら>>

最新ツアー情報はメルマガで!ご登録はこちら>>

________________________________________

個人旅行もJTBグランドツアーにおまかせください

________________________________________

国内旅行も人気です!

◆2016年就航おがさわら丸 特2等寝台で往く世界遺産小笠原諸島 6日間◆ 3連休利用!7/14(土)発 追加設定しました

◆北海道通の旅写真家がご案内 知床・釧路 いいとこどりの旅 5日間◆ 5月~10月出発

(いずれもPDFファイルが開きます。このツアーのお申し込みは、お問い合わせフォームより承ります。)

________________________________________

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 龍谷 秀昭 ( 2018年03月21日 10:00 )

カテゴリー

JTBグランドツアーのこだわり
デジタルパンフレット
地球旅~まだ遊び足りない大人たちへ~
10名様限定の旅「夢紀行」
◆ツアー責任者決定ツアー◆
◆催行決定(出発保証)ツアー◆
◇動画で旅する人気ツアー◇
ツアー責任者もおすすめの人気ツアー
◇メルマガ限定情報◇
おひとり参加大歓迎
新ツアー情報
特集!
ビジネスクラスも人気のツアー
個人旅行/オーダーメイドツアー/ザ・グランシェルジュ
モデルプラン
母と娘のふたり旅
テレビに登場!旅番組情報
旅のお役立ち情報
マスコミ紹介実績・お客様の声
全国各地からご参加の方へ
関西からの参加をご希望の方へ
九州からの参加をご希望の方へ
週末・連休利用の旅
各航空会社情報
イベント・説明会のお知らせ
★グランドツアーハイキング倶楽部★
★グランドツアー写真倶楽部★
季節ごとのおすすめ
≪年末年始・お正月ツアー≫
≪ゴールデンウィークツアー≫
4月のおすすめツアー
5月のおすすめツアー
6月のおすすめツアー
7月のおすすめツアー
8月のおすすめツアー
9月のおすすめツアー
10月のおすすめツアー
11月のおすすめツアー
12月のおすすめツアー
1月のおすすめツアー
2月のおすすめツアー
3月のおすすめツアー
≪春の旅≫
≪夏の旅≫
≪秋の旅≫
≪冬の旅≫
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
オランダ・ベルギー
ギリシャ・キプロス
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ポーランド
ルーマニア・ブルガリア
北欧・オーロラ・ロシア
北極
オーロラ
北欧
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
中南米
南米周遊
ペルー
リオのカーニバル
ウユニ塩湖
パタゴニア・南極
ギアナ高地・アマゾン川・レンソイス
ガラパゴス諸島・イースター島
コスタリカ
メキシコ・キューバ・パナマ運河
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
チュニジア・モロッコ・アルジェリア
エジプト・スーダン
マダガスカル
中近東
トルコ
シリア・ヨルダン
トルクメニスタン・イラン
ウズベキスタン
コーカサス3国
ドバイ
イスラエル
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ
ハワイ
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ
アジア・中国
インド・スリランカ・モルディブ
ネパール
カンボジア・ベトナム
ブータン
ミャンマー・ラオス
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
台湾
中国・中央アジア・シルクロード
日本をめぐる旅
小笠原諸島ツアー
お知らせ・ご挨拶

検索