期待を超える「感動」がある。

グランドツアーニュース

新パンフレットおすすめツアー エジプト

2019年06月24日

新パンフレット 「アフリカ・中近東・オセアニア・アジア・ヨーロッパ 2019年10月~2020年3月

を発表いたしました。 早速、お問い合わせ、お申込をいただいております。

そんな新しいパンフレットからおすすめツアーをご紹介します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

利用クルーズ船の一例

【 2つのクルーズ船でめぐる ゆったりエジプト紀行12日間】

 < おすすめポイント1>

 ・2/19(水)発は光の奇跡へご案内

   アブシンベル神殿にて1年に2回、朝日が神殿内部の至聖所の神々を照らす神秘的な光の奇跡へご案内します。

  なかなか予約がとりずらいこちらの出発日のクルーズ船が取れ、設定することができました。

  世界中からその瞬間を見に訪れる貴重な体験を味わってください。

 < おすすめポイント2>

 ・ナセル湖とナイル川 2つのクルーズ船6泊の船旅

  クルーズで移動しながら観光、面倒な荷物の移動がないため、毎日のパッキングが不要です。

  観光から帰ったらお部屋や船のデッキでゆったりと優雅なクルーズをお楽しみください。

 < おすすめポイント3>

・ヌビア地方の遺跡群も訪ねる

 ヌビア地方と呼ばれるアスワン以南。 アスワンハイダム完成後、大部分は湖の底に沈み、

 今日は見ることのできる遺跡は別の場所から移築されたものです。

 ひとつひとつは決して大きい遺跡ではありませんがそんな貴重な人類の宝を見学します。

アブシンベル神殿

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ツアー詳細・デジタルパンフレットは作成中です。 今しばらくお待ちください。

こちらのツアー15名様満席のためお早めにご検討ください。

(文責:森)

-------------------------------------------------------

新パンフレットの最新情報はメルマガでお届けします。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

----------------------------------------------------

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 森 千江 ( 2019年06月24日 11:30 )

実は穴場、ナミビアの旅!

2019年06月10日

ナミブ砂漠にて(撮影:川井)
ナミビアという国をご存知でしょうか。
アフリカ南西部、南アフリカ共和国の左上に位置しています。

「何がある国なの?」と思うかもしれませんが、実はバリエーションに富んだオススメの国です。

■No3105 9月26日発はお問い合わせ多数!
ナミブ、カラハリの2大砂漠を訪ねてナミビア 10日間

もっとも有名なのはなんといってもナミブ砂漠です!
鉄分が多いため、赤く酸化した砂漠の色がなんとも幻想的。
デューン45という砂漠の丘は上ることができるので、砂の感触とともに
砂の上から眺める景色も大変綺麗です。
ナミブ砂漠(撮影:平野)
ナミブ砂漠以外に、もっとも太古の植物の一つでは?といわれる
ウィルウェッチアという植物があります。下の写真です。
下のウィルウェッチアの砂の上に線のようなものがありますが、
これはここを訪れた人たちがウィルウェッチアを踏まないように自主的に小石で囲ったものです。
ウェルウィッチア(撮影:池田)
そして意外でしょうが、海のクルーズもお楽しみいただくことができます。
ボートに乗っていると、なんとまあ!オットセイが船に乗り込んでくるではありませんか!?
ボートクルーズでの1コマ(撮影:岩井)
触らせてくれるし、噛んでもこないし、目の前に愛嬌のあるオットセイに感動します。
またペリカンもやってきて、ボートに乗ってきます。
ペリカンののどぼとけ?は、何ともゴムのような触感。
砂漠に乾杯!(撮影:岩井)
ナミビアは南半球にあるので、8月9月は暑すぎず寒すぎず。
大変オススメです。ぜひ、いかがでしょうか?

--------------------------------------------------------

新パンフレットの最新情報はメルマガでお届けします。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

----------------------------------------------------
(文責:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2019年06月10日 10:00 )

幻の花畑~ナマクワランド~

2019年05月31日

普段は荒涼とした大地ですが、一年に一度だけ、 見渡す限りの花畑に変わる地があります。 花の絨毯が敷かれます そこは日本から遠く離れた、 南アフリカのナマクワランド地方。 色も様々 毎年9月にはこのような野生の花が一斉に咲き乱れます。 ここだけの、この時期にしかない、 神秘的な姿を、ぜひご自身の目でご覧ください。 咲く場所も毎年変わります 9月1日(日)発限定で催行決定! ワイルドフラワーの花絨毯を求めて 南部アフリカ5ヵ国大周遊 15日間

◎そのほか9月のおすすめツアーはこちら>>

文責 池田

--------------------------------------------------------

新パンフレットの最新情報はメルマガでお届けします。
ご登録がまだのかたは、こちらよりご登録ください!

◎メルマガ登録はこちら>>

--------------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 池田 明大 ( 2019年05月31日 07:28 )

いまクルーズが人気!おすすめツアーをご紹介

2019年05月16日

近年クルーズの需要が高まってきているのはご存知でしょうか?

一回クルーズを経験すると、その楽しさや体への負担の少なさから、

リピート率は90%のにも上ると言われてます。

これは驚愕的な数字です!

この数値からいかにクルーズ旅行が満足度の高いものになっているのかが分かります。

まだ余り知られてませんが、外国船クルーズは「カジュアル」「プレミアム」「ラグジュアリー」と3種類のクラスに分かれます。

また、外洋クルーズ以外にもヨーロッパではリバークルーズも流行ってます。

今回はヨーロッパのクルーズ旅行をご紹介いたします。

【10月7日(月)発】コースNo.3249 

6つ星豪華客船リージェント セブンシーズ クルーズ ボイジャー号で往く 東地中海クルーズ11日間全室スイートタイプのセブンシーズ ボイジャー号 Ⓒリージェント セブンシーズクルーズ 

なんとこちらのクルーズは全室バルコニー付きのスイートタイプ

もちろんクルーズのカテゴリーは「ラグジュアリー」!

数少ない6つ星の豪華客船です。

その日の気分で楽しむ複数のレストラン、無制限のwi-fi接続、チップやお飲み物代の精算が不要な究極のオールインクルーシブ制は、クルーズ中もクルーズ後も煩わしさから解放してくれます。

乗客1.5人に対するクルーの数が1人というきめ細やかなサービスが自慢のクルーズです。

5月23日(木)14:30~に弊社オフィス(表参道)にてクルーズ説明会も開催します。

お気軽にご参加ください

ツアーの詳細はこちら>>

クルーズ説明会ご予約はこちら>>

続いて、リバークルーズのご紹介。

ヨーロッパでは既に人気のリバークルーズ。

ヨーロッパの川というと、どの川が頭に浮かぶでしょうか。

セーヌ川?ライン川?ドナウ川?

今回はたくさんある中でもドナウ川はヨーロッパで2番目に長い川、全長2850m!の

ドナウ川リバークルーズをご紹介します。

【12月28日(土)発】コースNo.3200

中欧4ヵ国をめぐる ドナウ川ニューイヤーリバークルーズ 9日間

クルーズ船の一例 ⒸLuftner Cruises

リバークルーズは外洋クルーズと比べ、川の流れが穏やかなので揺れが少なく、

船が街の中心地のそばに停泊するので、観光へのアクセスも楽です。

また、外洋クルーズのラグジュアリー船と比べ、ドレスコードがないので、

比較的気軽な服装(スマートカジュアル)で参加できます。

クルーズ移動中は川の両岸に迫る、ヨーロッパの古い町並みや景色を愉しむこともできます。

今回ご利用の2019年4月就航の「アマデウス・スター」を利用します。

全てのお部屋が窓付き スイートは屋外バルコニー付き

さらに年末年始を華やかに船上で過ごしてみませんか?

ツアーの詳細はこちら>>

------------------------------------------------

その他クルーズはこちら

No.3155 8/26発 出発限定!

「クリスタル・シンフォニー号で往く 大氷河に迫る、アラスカクルーズ 11日間」

アメリカの旅行誌「トラベル&レジャー」の読者投票・大型客船部門で、20年連続で第1位受賞のクリスタル・クルーズの旅!

No.3127 8/21発、10/2発

「赤道直下の楽園 ガラパゴス諸島 サンタクルスII号 6泊クルーズ 12日間」

新調された「サンタクルスⅡ号」は洗練されたサービス内容と、我が家のような温かさを醸し出す雰囲気が自慢!

No.3107 9/29発(催行予定)

「古代エジプト紀行 ゆったりナイル川クルーズ 10日間」

スイートルームで愉しむ優雅な4泊5日のナイル川クルーズ!

No.3180 9/12発 

「中部エジプトも訪れる ナイル川クルーズ 18日間

カイロからアスワンまでたっぷり14泊15日の壮大なクルーズを満喫!

No3064 6/20発、7/13発、8/8発全て催行決定!

 「北海クルーズも楽しむ 北欧4ヵ国周遊 9日間」

クルーズというよりフェリークルーズですが、オスローからコペンハーゲンまで船内1泊します。

文:吉田

---------------------------------------------------

\新パンフレット情報/

JTBグランドツアーでは、現在2019年秋~2020年春出発のパンフレットを制作中です。

最新情報はメルマガ(表参道けやきだより)でお届けします!

◎メルマガ登録はこちら>>

---------------------------------------------------

\現在発表中のパンフレットはオンラインでご覧いただけます/

◎デジタルパンフレットを見る>>

----------------------------------------------------

夏休みのご予定はお決まりですか?

◎夏休み特集を見る>>

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 吉田由香 ( 2019年05月16日 09:54 )

【新ツアー】地球旅~まだ遊び足りない大人たちへ~、人気ツアーベスト3は?

2019年02月14日

2月に発表した、新パンフレット、
「地球旅(ちきゅうたび)~まだ遊び足りない大人たちへ~」をもうご覧になりましたか?

こんな表紙です!

発表から2週間たち、続々とお申し込みをいただいております。
本日はお申し込みの多いツアーベスト3をご紹介します!



【第1位】9/6(金)発は催行予定!待望のタジキスタンへも!

シルクロードの大地を旅する 中央アジア 5ヵ国周遊 16日間

<企画担当者、佐藤より>
シルクロードの昔。西から東へ、東から西へ。積荷を積んだキャラバン(隊商)が通り抜けた中央アジアの大地。タジキスタンにおける外務省の危険度が下がり、グランドツアーでも5ヵ国周遊ツアーをようやく発表できるようになりました。
また、ウズベキスタン・タジキスタンの両国関係が改善され国境が再開したことにより、タジキスタン領にある「ペンジケント遺跡」も訪問します。
いくつもの国境を越え旅する中で、中央アジアの奥深い文化や民族の歴史を肌で感じていただけることでしょう。

ツアー詳細はこちら>>

サマルカンドにて



【第2位】少数民族を訪ね、カランドゥーラ大瀑布へ
未知なる絶景の国・ アンゴラ大周遊 10日間

<企画担当者、池田より>
二度の空路移動により、北部だけでなく南部も訪れる行程を実現しました。
世界有数の物価の高い都市として知られる首都ルアンダ、アフリカならではの大自然や少数民族との出会いなど、未知なる国・アンゴラのグランドツアー(大周遊)を心ゆくまでお楽しみください。

ツアー詳細はこちら>>
ミランドゥーロデルーア(月の谷) 写真提供:アンゴラ共和国大使館



【第3位】ベレンティ自然保護区に2連泊する
バオバブ並木に日が沈む... キツネザルの楽園マダガスカル 10日間

<企画担当者、佐藤より>
立ち並ぶバオバブの向こうに夕日が沈みゆく。そんな光景に憧れる方も多いのではないでしょうか。固有の動植物にあふれる島マダガスカル。
直行便はもちろん無く、日本からは遥か遠いイメージの国ですが、エチオピア航空を利用することで所要時間をかなり短縮することが出来ました。
アジスアベバでは短時間の乗り継ぎのみですので、黄熱病の予防接種は不要です。
愛嬌たっぷりのキツネザルが待つ国へ!今年こそ訪れてみてください。

ツアー詳細はこちら>>

バオバブ並木の夕景



気になるツアーはございましたか?

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

◆「地球旅(ちきゅうたび)~まだ遊び足りない大人たちへ~」に掲載しているツアーはすべて

Webサイトでもご覧いただけます。詳しくはこちら>>

◆デジタルパンフレットはこちらから>>

みなさまからのご予約・お問い合わせを心よりお待ちしております!

(※企画担当者がツアー責任者としてご一緒するとは限りません。)

----------------------------------------------------

JTBグランドツアーのパンフレットはもうご覧になりましたか?

◎新発表!「地球旅(ちきゅうたび)~まだ遊び足りない大人たちへ~」 詳しくはこちら>>

◎デジタルパンフレットはこちら>>

◎最新ツアー情報はメルマガで!ご登録はこちら>>

----------------------------------------------------

さわやかな季節に少人数で海外旅行に行きませんか?

----------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 長谷川 奈々 ( 2019年02月14日 10:18 )

カテゴリー

JTBグランドツアーのこだわり
デジタルパンフレット
地球旅~まだ遊び足りない大人たちへ~
10名様限定の旅「夢紀行」
◆ツアー責任者決定ツアー◆
◆催行決定(出発保証)ツアー◆
◇動画で旅する人気ツアー◇
ツアー責任者もおすすめの人気ツアー
◇メルマガ限定情報◇
おひとり参加大歓迎
新ツアー情報
特集!
ビジネスクラスも人気のツアー
個人旅行/オーダーメイドツアー/ザ・グランシェルジュ
モデルプラン
母と娘のふたり旅
テレビに登場!旅番組情報
旅のお役立ち情報
マスコミ紹介実績・お客様の声
全国各地からご参加の方へ
関西からの参加をご希望の方へ
九州からの参加をご希望の方へ
週末・連休利用の旅
各航空会社情報
イベント・説明会のお知らせ
★グランドツアーハイキング倶楽部★
★グランドツアー写真倶楽部★
季節ごとのおすすめ
≪年末年始・お正月ツアー≫
≪ゴールデンウィークツアー≫
4月のおすすめツアー
5月のおすすめツアー
6月のおすすめツアー
7月のおすすめツアー
8月のおすすめツアー
9月のおすすめツアー
10月のおすすめツアー
11月のおすすめツアー
12月のおすすめツアー
1月のおすすめツアー
2月のおすすめツアー
3月のおすすめツアー
≪春の旅≫
≪夏の旅≫
≪秋の旅≫
≪冬の旅≫
西欧
イタリア
フランス
スイス
スペイン・ポルトガル
ドイツ・オーストリア
オランダ・ベルギー
ギリシャ・キプロス
イギリス・アイルランド
東欧
スロヴェニア・クロアチア
チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
ポーランド
ルーマニア・ブルガリア
北欧・オーロラ・ロシア
北極
オーロラ
北欧
アイスランド・グリーンランド
ロシア・バルト3国
中南米
南米周遊
ペルー
リオのカーニバル
ウユニ塩湖
パタゴニア・南極
ギアナ高地・アマゾン川・レンソイス
ガラパゴス諸島・イースター島
コスタリカ
メキシコ・キューバ・パナマ運河
アフリカ
南部アフリカ
東部アフリカ
チュニジア・モロッコ・アルジェリア
エジプト・スーダン
マダガスカル
中近東
トルコ
シリア・ヨルダン
トルクメニスタン・イラン
ウズベキスタン
コーカサス3国
ドバイ
イスラエル
北米・ハワイ
カナダ・アメリカ
ハワイ
オセアニア
ニュージーランド
オーストラリア
タヒチ
アジア・中国
インド・スリランカ・モルディブ
ネパール
カンボジア・ベトナム
ブータン
ミャンマー・ラオス
タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア(バリ島)・ブルネイ
台湾
中国・中央アジア・シルクロード
日本をめぐる旅
小笠原諸島ツアー
お知らせ・ご挨拶

検索