期待を超える「感動」がある。

  • No.3104
  • 最大でも15名様限定

飛行機を利用して効率よく移動する

ンゴロンゴロ、アンボセリ、マサイ・マラをめぐる 遥かなる野生の楽園タンザニアとケニア 10日間

ヌーの川渡り(7月下旬撮影)

ヌーの川渡り(7月下旬撮影) 

大迫力で目の前を通るゾウのファミリー

大迫力で目の前を通るゾウのファミリー 

大迫力で目の前を通るゾウのファミリー 大迫力で目の前を通るゾウのファミリー

ツアー概要

・添乗員/東京から東京まで同行します。
・発着地/東京(成田・羽田)
・最少催行人員/6名
・最大募集人員/12名
・食事/朝食7回 昼食7回 夕食6回
・査証/要(タンザニア・ケニア)※詳しくはお申し込みの際にご案内します。
・旅券残存有効期間/ケニア入国時(5日目)6ヶ月以上
・利用予定航空会社/カタール航空、エミレーツ航空
(ビジネスクラスの利用区間は、東京~ダルエスサラーム、ナイロビ~東京となります)
・国内線/日本航空運航便に限り、日本全国各地の空港から無料で国内線を手配します。
・予防接種/黄熱病の予防接種が必要となります。

※このコースの旅行条件は2018年10月1日を基準としています。また、旅行代金は2018年10月1日現在有効な運賃・規則を基準として算出しています。
ルートマップ
マップ

旅のみどころ

動物が集まるベストシーズンにマサイ・マラへ

動物が集まるベストシーズンにマサイ・マラへ
ヌーやシマウマなどの草食動物が、豊かな草に覆われるサバンナを求めてタンザニア側から移動してくる季節にマサイ・マラを訪れます。
肉食動物がもっとも活動する季節でもあります。

キリマンジャロは見られるか? 乾季のアンボセリ

キリマンジャロは見られるか? 乾季のアンボセリ
キリマンジャロを背景に優雅に草をはむ野生動物たち。
そんな風景に憧れる方も多いはず。
山が見えやすい乾季にアンボセリを訪れ、サファリドライブだけでなく、オブザベーション・ヒルでの朝食やマサイ村訪問など様々な楽しみ方をご提案します。

一年中サファリを楽しめるンゴロンゴロ自然保護区

一年中サファリを楽しめるンゴロンゴロ自然保護区
ンゴロンゴロは巨大クレーターがそのまま野生動物の楽園になっています。
外輪山に囲まれた特異な環境のため動物の行き来が少なく、一年中多くの動物を観ることができます。

7〜9月限定 ヌーの川渡りを求めてマラ川へ

7〜9月限定 ヌーの川渡りを求めてマラ川へ
大雨季が終わり豊かな草がマサイ・マラを覆いつくす頃。
ヌーの群れが、タンザニア側のセレンゲティからケニア側のマサイ・マラへ大移動を開始します。
とくに7~9月は、ヌーの川渡りが見られるチャンス。
命がけで川を渡るその光景を求めて、マラ川近くでサファリを行います。
(写真:7月下旬撮影)

夢をお聞かせいただく、JTBグランドツアー独自の「出発前アンケート」

「こんなところがみたい」「こんな体験がしたい」など、旅のご希望をお聞かせください。ご提案も交えつつ、実際に同行するツアー責任者が様々に手配します。詳しくはこちらから>>

利用予定ホテル

■アルーシャ/インパラ、ニューサファリ、プラネットロッジ
■ンゴロンゴロ/ソパ ロッジ、セレナ ロッジ、ワイルドライフ ロッジ
■アンボセリ/オルトゥカイ ロッジ、ソパ ロッジ、セレナ サファリ ロッジ
■マサイ・マラ/キーコロック ロッジ、マラ シンバ ロッジ、マラ レジャーロッジ、マラ ソパ ロッジ
※いずれもシャワーのみのお部屋となります。

ご出発日

アイコン
の出発日は、マサイ・マラでヌーの川渡りがよく見られる季節です。 なお、時期は前後することがあります。

ツアー催行情報はこちら

2019年(お1人様・2名1室)

ご出発日 エコノミークラス ビジネスクラス
7月12日(金) 868,000円 1,298,000円
7月24日(水) 868,000円 1,298,000円
8月9日(金) 928,000円 1,498,000円
8月21日(水) 868,000円 1,298,000円
9月4日(水) 868,000円 1,298,000円
9月20日(金) 858,000円 1,288,000円
追加プラン 追加代金
お1人部屋追加代金 120,000円
現地参加代金、延泊代金はお問い合わせください。

※旅行代金には日本での空港施設使用料、旅客保安サービス料、国際観光旅客税、海外の空港諸税を含みます。
※燃油サーチャージは10月1日現在不要ですが、今後再度必要になる場合があります。
※自由行動や食事のついていない時も、ご希望の方はツアー責任者がご案内します。(実費をご負担ください)

スケジュール

  • ●入場観光
  • ◎下車観光
  • ○車窓観光
  • 世界遺産
  滞在地 日程
1

東京発[航空機](中東内乗り継ぎ)[航空機]

深夜:空路、乗り継いでキリマンジャロへ。

【機中泊】 食事:□ □ 夕(機内)

2タンザニア

ダルエスサラーム[航空機]キリマンジャロ[車]アルーシャ(約55km)

夜:着後、アルーシャへ。

【アルーシャ泊】 食事:朝(機内) 昼(機内) □

3タンザニア

アルーシャ[4WD車]ンゴロンゴロ(約190km)

午前: ンゴロンゴロ自然保護区へ。
午後: ンゴロンゴロ自然保護区でイブニング・サファリドライブへ。

【2連泊 ンゴロンゴロ泊】 食事:朝 昼 夕

4タンザニア

ンゴロンゴロ滞在

終日: ンゴロンゴロ自然保護区で終日のサファリドライブへ。南北約16km、東西約19kmもの巨大クレーターの底で野生動物を追い求めます。
昼食は大自然の中でピクニックランチをお楽しみください。

【ンゴロンゴロ泊】 食事:朝 昼 夕

5ケニア

ンゴロンゴロ[4WD車]アンボセリ(約385km)

終日:国境を越え、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(5895m)を望むアンボセリ国立公園へ。
着後、サファリドライブを楽しみながらロッジへ。

【2連泊 アンボセリ泊】 食事:朝 昼 夕

6ケニア

アンボセリ滞在

朝:モーニング・サファリドライブへ。
朝食はキリマンジャロを望むオブザベーション・ヒルでお楽しみください。
午後:マサイ村訪問とイブニング・サファリドライブへ。
サファリの途中、マサイ族が暮らす村を訪れ、変わらぬ生活スタイルを貫く民族の文化を体験します。

【アンボセリ泊】 食事:朝 昼 夕

7ケニア

アンボセリ[航空機]ナイロビ(所要約40分)[航空機] マサイ・マラ(所要約50分)

午前:空路、乗り継いで野生動物の多さではアフリカ随一のマサイ・マラ国立保護区へ。
夕刻:イブニング・サファリドライブを楽しみます。

【2連泊 マサイ・マラ泊】 食事:朝 昼 夕

8ケニア

マサイ・マラ滞在

終日:マサイ・マラ国立保護区でのサファリドライブを楽しみます。1日3回のサファリドライブ、または終日のサファリドライブにご案内します(ガイドと相談のうえ、ツアー責任者が判断します)

【マサイ・マラ泊】 食事:朝 昼 夕

9

マサイ・マラ[航空機]ナイロビ(所要約50分)[航空機]

朝:サファリドライブを楽しみながら空港へ。着後、空路、ナイロビへ。
午後:空路、乗り継いで帰国の途へ。

【機中泊】 食事:朝 昼 夕(機内)

10

(中東内乗り継ぎ) [航空機]東京着

夜:着後、解散。

食事:□ 昼(機内) □

※ツアーお申し込みの方へ:詳しい旅行条件を記載した書面(パンフレット)をお渡ししますので、必ずご確認ください。
※ 7日目、アンゼホリ~ナイロビ~マサイ・マラは小型飛行機となり、荷物の重量制限が15kgとなるため、スーツケースはアンボセリにてお預かりします。マサイ・マラへ持っていく2泊分の着替え等が入るバッグをご用意ください。スーツケースは9日目にナイロビにて受け取ります。
※ サファリドライブは、お客様の人数により分乗となり添乗員が同乗しない場合があります。
※ご覧いただける動物の種類や数は、サファリカーごとに異なります。
※イヤホンシステムは使用しません。

ツアー催行情報は、こちらからご覧ください。>>

JTBグランドツアーが初めての方は、こちらもお読みください。>>


コースの見方

  • 時間帯の目安
    [早朝] 4:00〜6:00 [朝] 6:00〜8:00 [午前] 8:00〜12:00
    [午後] 12:00〜16:00 [夕刻] 16:00〜18:00 [夜] 18:00〜23:00 [深夜] 23:00〜4:00
  • コースに含まれる食事回数・食事マーク
    食事回数に機内食は含まれていません。
    朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 食事=こだわりの食事 機=機内食 □=食事なし

その他の東部アフリカへ行くおすすめツアー

東部アフリカへ行く個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

個人型ツアーなので、いつでも出発できます。まずはお問い合わせください。

セレンゲティに3連泊するタンザニア周遊 9日間
2018年10月~2019年03月
  • アフリカツアー
  • 東部アフリカツアー
  • アフリカツアー
  • 東部アフリカツアー