期待を超える「感動」がある。

  • No.3181
  • 新発表!
  • 最大でも15名様限定

少数民族を訪ね、カランドゥーラ大瀑布へ

未知なる絶景の国・ アンゴラ大周遊 10日間

ミランドゥーロデルーア(月の谷)

ミランドゥーロデルーア(月の谷) 写真提供:アンゴラ共和国大使館

ツアー概要

・添乗員/成田から成田まで同行します。
・発着地/成田
・最少催行人員/6名
・最大募集人員/12名
・食事/朝食7回 昼食6回 夕食7回
・査証/要 査証取得の際、黄熱病予防証明書(イエローカード)が必要です。また、東京のアンゴラ大使館でご本人による申請が必要です。
※詳しくはお申し込みの際にご案内します。
・旅券残存有効期間/査証申請時6ヶ月以上
・利用航空会社/エチオピア航空(ビジネスクラスの利用区間は、成田~ルアンダ間の往復となります)
・国内線/全日空運航便に限り、日本全国各地の空港から無料で国内線を手配します。
・予防接種/黄熱病の予防接種が必要となります。

※この旅行条件は、2019年2月1日を基準としています。また、旅行代金は2019年2月1日現在の有効な運賃・規則を基準として算出しています。
ルートマップ
マップ

旅のみどころ

国内線を効率よく利用し、アンゴラの神髄に迫る

【企画担当者(池田 明大)のこだわり】
二度の空路移動により、北部だけでなく南部も訪れる行程を実現しました。
世界有数の物価の高い都市として知られる首都ルアンダ、アフリカならではの大自然や少数民族との出会いなど、未知なる国・アンゴラのグランドツアー(大周遊)を心ゆくまでお楽しみください。

※企画担当者がツアー責任者としてご一緒するとは限りません。

連泊で楽しむ 野生の王国

連泊で楽しむ 野生の王国
アフリカの醍醐味のひとつは野生動物との遭遇。
アンゴラが誇るキッサマ国立公園では、近郊に2連泊し、2度のサファリへご案内します。
(写真提供:アンゴラ共和国大使館)

少数民族との出会い

少数民族との出会い
南部まで足を延ばすことで、ナミビアとの国境近く、たくましく生きる少数民族の村を訪れます。

ビクトリアの滝に次ぐアフリカ第二のカランドゥーラ大瀑布へ

ビクトリアの滝に次ぐアフリカ第二のカランドゥーラ大瀑布へ
大瀑布の迫力を存分に味わうため、2日に分けて様々な角度からご覧いただきます。

南部の「いろは坂」。セラ・ド・レバ峠へ

南部の「いろは坂」。セラ・ド・レバ峠へ
アンゴラのランドマークのひとつ、雄大な景色が広がるセラ・ド・レバ峠のドライブを楽しみます。
(写真提供:アンゴラ共和国大使館)

移動は4WD車、窓側をご用意

移動は4WD車、窓側をご用意
道路状況をふまえ、移動の一部は4WD車を利用します。
少しでも快適になるよう、乗車人数を制限し、全員窓側にお掛けいただきます。

利用予定ホテル

■キッサマ国立公園近郊/クワンザ・リバー・ロッジ
■カランドゥーラ/マランジ、ヨラカ、プサダ・カランドラ・ド・セラ
■ルアンダ/エピック・サナ、スカイナ、ディアマンテ、RKスィート
■ルバンゴ/カントリーロッジ、プルルクワ・リゾート、チクチクルバンゴ
※いずれもシャワーのみのお部屋となります

2019年(お1人様・2名1室)

ご出発日 エコノミークラス ビジネスクラス
8月7日(水) 1,198,000円 1,848,000円
9月11日(水) 1,098,000円 1,698,000円
10月9日(水) 1,168,000円 1,748,000円
追加プラン 追加代金
お1人部屋追加代金 130,000円

※現地参加代金、延泊代金についてはお問い合わせください。
※旅行代金には日本での空港施設使用料、旅客保安サービス料、国際観光旅客税、海外の空港諸税を含みます。
※燃油サーチャージ(目安24,000円・2月1日現在)が別途、必要となります。
※自由行動や食事のついていない時も、ご希望の方はツアー責任者がご案内します。(実費をご負担ください)

スケジュール

  • ●入場観光
  • ◎下車観光
  • ○車窓観光
  滞在地 日程
1

成田発[航空機](エチオピア航空673便・ソウル経由)[航空機]

21:25(予定) 空路、乗り継いでアンゴラの首都ルアンダへ。

【機中泊】 食事:□ □ 夕(機内)

2アンゴラ

アディスアベバ(所要約15時間45分)[航空機] ルアンダ(所要約4時間45分)[4WD車] キッサマ国立公園近郊(約80km)

12:35(予定) 着後、キッサマ国立公園近郊へ。
途中、グランドキャニオンを彷彿させる◎ミランドゥーロデルーア(月の谷)を見学します。

【2連泊 キッサマ国立公園近郊泊】 食事:朝(機内) 昼(機内) 夕

3アンゴラ

キッサマ国立公園近郊滞在

朝:野鳥の多く生息するクワンザ川でのボートサファリへ。
午後:キッサマ国立公園のサファリドライブへ。キリンやレイヨウ類、アフリカゾウなどを追い求めます。

【キッサマ国立公園近郊泊】 食事:朝 昼 夕

4アンゴラ

キッサマ国立公園近郊[4WD車]カランドゥーラ(約410km)

朝:カランドゥーラへ。途中、巨大な奇岩が続く◎ペドラス・ネグラスを見学します。
午後:ビクトリアの滝に次いでアフリカ第二の大きさを誇る◎カランドゥーラ大瀑布にご案内します。

【カランドゥーラ泊】 食事:朝 昼 夕

5アンゴラ

カランドゥーラ[4WD車]ルアンダ(約360km)

終日:前日と別の角度から◎カランドゥーラ大瀑布をご覧いただいた後、ルアンダに戻ります。

【ルアンダ泊】 食事:朝 昼 夕

6アンゴラ

ルアンダ[航空機]ルバンゴ(所要約1時間20分)

午前:ルアンダ観光 ◎サンミゲル要塞にご案内します。
夕刻:国内線で南部の都市ルバンゴへ。

【2連泊 ルバンゴ泊】 食事:朝 昼 夕

7アンゴラ

ルバンゴ[4WD車]ナミベ[4WD車]ルバンゴ(片道約200km)

終日:ナミベへ。途中、雄大な景色が広がる〇セラ・ド・レバ峠をドライブし、和名が「奇想天外」の植物◎ウェルウィッチアをご覧いただきます。また、◎砂漠の中でたくましく生きる少数民族の村を訪れます。
昼食は新鮮なシーフードをお召し上がりください。

【ルバンゴ泊】 食事:朝 昼 夕

8アンゴラ

ルバンゴ[航空機]ルアンダ(所要約1時間20分)

午前:ルバンゴ観光 息を呑むような◎ツンダバラの絶壁、◎丘の上から街を見下ろすキリスト像にご案内します。
夜:国内線でルアンダに戻ります。

【ルアンダ泊】 食事:朝 昼 夕

9

ルアンダ[航空機]アディスアベバ(所要約4時間50分)[航空機] (エチオピア航空672便・ソウル経由)[航空機]

13:40(予定) 空路、乗り継いで、帰国の途へ。

【機中泊】 食事:朝 □ 夕(機内)

10

成田着(所要約15時間10分)

20:25(予定) 着後、解散。

食事:朝(機内) 昼(機内) □

※ツアーお申し込みの方へ:詳しい旅行条件を記載した書面(パンフレット)をお渡ししますので、必ずご確認ください。
※4WD車での移動、またはサファリドライブは、お客様の人数により分乗となり、添乗員が同乗しない場合があります。
※ご覧いただける動物の種類や数は、サファリカーごとに異なります。
※イヤホンシステムは使用しません。
※観光順序を入れ替えてご案内することがあります。
※国事行事や宗教上の理由等により各観光箇所は予告なく閉鎖されることがあります。その場合は入場せず、外からご覧いただきます。
※掲載の写真は、訪問先のイメージを掴んでいただくものです。必ずしも同じ角度や高度でご覧いただけず、また違う少数民族の村を訪れる場合もあります。

ツアー催行情報は、こちらからご覧ください。>>

JTBグランドツアーが初めての方は、こちらもお読みください。>>



コースの見方

  • 時間帯の目安
    [未明] 0:00〜4:00 [早朝] 4:00〜6:00 [朝] 6:00〜8:00 [午前] 8:00〜12:00
    [午後] 12:00〜16:00 [夕刻] 16:00〜18:00 [夜] 18:00〜23:00 [深夜] 23:00〜24:00
  • コースに含まれる食事回数・食事マーク
    食事回数に機内食は含まれていません。
    朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 食事=こだわりの食事 機=機内食 □=食事なし

その他の南部アフリカへ行くおすすめツアー

南部アフリカへ行く添乗員同行ツアー

感動の南部アフリカ5ヵ国 大周遊 11日間
2019年05月~2019年10月
クルーガーでサファリを満喫する 南部アフリカ周遊 9日間
2019年04月~2019年10月
ナミブ、カラハリの2大砂漠を訪ねて ナミビア 10日間
2019年04月~2019年09月

南部アフリカへ行く個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

個人型ツアーなので、いつでも出発できます。まずはお問い合わせください。

ビクトリアの滝とクルーガー、喜望峰をめぐる 南部アフリカ周遊 9日間
2019年04月~2019年09月
ビクトリアの滝とクルーガー、喜望峰をめぐる 南部アフリカ周遊 9日間
2018年10月~2019年03月
  • アフリカツアー
  • 南部アフリカツアー
  • アフリカツアー
  • 南部アフリカツアー