期待を超える「感動」がある。

  • No.2787
  • 新発表!
  • 最大でも15名様限定

ニーラクリンジの花を知っていますか?

12年に一度咲く幻の花を探して ニルギリ山岳鉄道と南インドの旅 10日間

最南端コモリン岬

最南端コモリン岬 

ツアー概要

・添乗員/成田から成田まで同行します。
・発着地/成田
・最少催行人員/6名
・最大募集人員/15名
・食事/朝食8回 昼食7回 夕食7回
・査証/要 ※詳しくはお申し込みの際にご案内します。 ※出発日より遡って2ヶ月以内にインドへ渡航された方、または予定の方はご連絡ください。
・旅券残存有効期間/査証申請時6ヶ月以上
・利用航空会社/エアインディア(ビジネスクラスの利用区間は、成田~デリー間の往復となります。)
・国内線/日本航空運航便、全日空運航便に限り、日本全国各地の空
港から片道5,000円で国内線を手配します。

※このコースの旅行条件は2018年1月1日を基準としています。また、旅行代金は2018年1月1日現在有効な運賃・規則を基準として算出しています。
ルートマップ
マップ

旅のみどころ

幻の花を求めてニルギリ山地へ

幻の花を求めてニルギリ山地へ
ニルギリ山地にひっそりと咲くニーラクリンジは、12年に一度しか咲かないため幻の花と呼ばれています。2018年はその花が咲く年。ニーラクリンジの群生地を求めて、南インド最高峰のアナイムディ山麓をドライブします。

(写真:ニーラクリンジの花)

バックウォーター1泊クルーズを愉しむ

バックウォーター1泊クルーズを愉しむ
ケラーラ州の緑溢れる水郷地帯でプライベートボートでのクルーズを楽しみます。船室にはトイレ・シャワー・ベッドルームが完備されています。

(写真:(イメージ))

茶畑が広がるニルギリ山地へ山岳列車で

茶畑が広がるニルギリ山地へ山岳列車で
メットゥパーラヤム〜ウーティ間を走る世界遺産「ニルギリ登山鉄道」は、インド最古の山岳鉄道の1つ。茶畑が広がる美しい景色を堪能し、終点ウーティでは紅茶園に立ち寄りティータイムを楽しみます。

インド亜大陸の最南端コモリン岬

インド最南端に位置するコモリン岬(カニャークマリ)はインドで唯一、太陽が海から昇り、海に沈む場所。岬の先端にはヒンドゥー教の処女神クマリを祀る寺院があり、南インドの聖地となっています。

夢をお聞かせいただく、JTBグランドツアー独自の「出発前アンケート」

「こんなところがみたい」「こんな体験がしたい」など、旅のご希望をお聞かせください。ご提案も交えつつ、実際に同行するツアー責任者が様々に手配します。詳しくはこちらから>>

利用予定ホテル

■チェンナイ
トライデント、ル・ロイヤル・メリディアン、アコード・メトロポリタン

■コインバトール
ル・メリディアン、ヴィヴァンタ・バイ・タージ・スーリヤ、ラディソンBLU、ザ・レジデンシー・タワー

■ムンナール
ザ・フォッグ・リゾート、ザ・トール・ツリー

■船中
ハウスボート【デラックスボート】

■コヴァラムビーチ
ザ・リーラ・コヴァラム、ヴィヴァンタ・バイ・タージ・グリーンコーブ

※コインバトールとコヴァラムビーチではシャワーのみのお部屋となりますが、バスタブ付きの場合もあります。
※ムンナールではシャワーのみのお部屋となります。
※ハウスボートは小型ボートのため分乗となり、添乗員が同乗しない場合があります。また、シャワーのみのお部屋となります。

2018年(お1人様・2名1室)

ご出発日 エコノミークラス ビジネスクラス
9月3日(月) 598,000円 748,000円
9月22日(土) 618,000円 778,000円
追加プラン 追加代金
お1人部屋追加代金 100,000円

※旅行代金には日本での空港施設使用料、旅客保安サービス料、海外の空港諸税を含みます。
※燃油サーチャージ(目安8,000円・1月1日現在)が別途、必要となります。
※自由行動や食事のついていない時も、ご希望の方はツアー責任者がご案内します。(実費をご負担ください)

スケジュール

  • ●入場観光
  • ◎下車観光
  • ○車窓観光
  • 世界遺産
  滞在地 日程
1

成田発[航空機](エアインディア307便)[航空機]デリー(所要約9時間15分)[航空機]チェンナイ(所要約2時間15分)

11:15(予定) 空路、乗り継いでチェンナイへ。
23:35(予定) 着後、ホテルへ。

【2連泊 チェンナイ泊】 / 食事:□ 機 □

2インド

チェンナイ[車]カーンチプラム[車]マハバリプラム[車]チェンナイ(約214km)

午前:インド7大聖地のひとつカーンチプラム観光
午後:マハバリプラム観光 ◎海岸寺院、◎クリシュナの苦行、◎クリシュナのバターボールを訪れます。

【チェンナイ泊】 / 食事:朝 昼 夕

3インド

チェンナイ[航空機]コインバトール(所要約1時間30分)

午前:空路、高原の町コインバトールへ。
午後:コインバトール観光 ◎マルダマライ寺院、◎コインバトールの滝を訪れます。

【2連泊 コインバトール泊】 / 食事:朝 昼 夕

4インド

コインバトール[車]クヌール(約68km)[列車]ウーティ(所要約1時間20分)[車]コインバトール(約90km)

午前:紅茶の産地として名高いニルギリ山地へ。ニルギリ山岳鉄道に乗車し、標高2,300mのウーティへ向かいます。
午後:紅茶園でティータイムを楽しみます。

【コインバトール泊】 / 食事:朝 昼 夕

5インド

コインバトール[車]ムンナール(片道約150km)

午前:紅茶の一大生産地ムンナールへ。
午後:●タタ紅茶博物館を見学します。

【ムンナール泊】 / 食事:朝 昼 夕

6インド

ムンナール[車]アレッピー(約170km)[船]

午前:アナイムディ山麓をドライブし、12年に一度しか咲かないニーラクリンジの花を探します。
午後:アレッピーへ。
夕刻:ハウスボートに乗船し、1泊2日のバックウォーター(水郷地帯)クルーズに出発します。

【船中泊】 / 食事:朝 昼 夕

7インド

[船]アレッピー[車]コヴァラムビーチ(約155km)

午前:ハウスボートを下船しコヴァラムビーチへ。
午後:リゾートホテルでゆったりとお過ごしください。

【2連泊 コヴァラムビーチ泊】 / 食事:朝 昼 夕

8インド

コヴァラムビーチ[車]コモリン岬[車]コヴァラムビーチ(片道約90km)

終日:インド亜大陸最南端のコモリン岬観光 ボートで◎ヴィヴェーカーナンダ岩を訪れます。

【コヴァラムビーチ泊】 / 食事:朝 昼 夕

9インド

コヴァラムビーチ[車]トリヴァンドラム(約14km)[航空機]デリー(所要約3時間15分)[航空機](エアインディア306便)[航空機]

午前:空路、乗り継いで帰国の途へ。

【機中泊】 / 食事:朝 □ 機

10

成田着(所要約8時間)

8:45(予定) 着後、解散。

食事:□ □ □

※ツアーお申し込みの方へ:詳しい旅行条件を記載した書面(パンフレット)をお渡ししますので、必ずご確認ください。
※延泊プランの設定はありません。
※現地情報によって最適の時期に設定をしていますが、気象条件により開花状況は異なります。開花状況によっては日程を一部変更、または催行を中止する場合があります。
※6日目のバックウォータークルーズは小型ボート(2室又は3室)の為、分乗となり、添乗員が同乗しない場合があります。
※8日目のヴィヴェーカーナンダ岩へのボート観光は、天候・水位等の理由により中止することがありますが、その場合でも旅行代金の変更はありません。また、ボートは混載となります。

コースの見方

  • 時間帯の目安
    [早朝] 4:00〜6:00 [朝] 6:00〜8:00 [午前] 8:00〜12:00
    [午後] 12:00〜16:00 [夕刻] 16:00〜18:00 [夜] 18:00〜23:00 [深夜] 23:00〜4:00
  • コースに含まれる食事回数・食事マーク
    食事回数に機内食は含まれていません。
    朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 食事=こだわりの食事 機=機内食 □=食事なし

その他のインド・スリランカ・モルディブへ行くおすすめツアー

インド・スリランカ・モルディブへ行く添乗員同行ツアー

緑あふれる癒しの楽園 スリランカ周遊 8日間
2018年12月~2018年12月
日本航空で往く インド魅惑紀行 6日間
2018年12月~2019年01月
憧れの"アマン"に泊まる スリランカ夢紀行 8日間
2018年04月~2018年09月

インド・スリランカ・モルディブへ行く個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

個人型ツアーなので、いつでも出発できます。まずはお問い合わせください。

憧れの"アマン"に泊まるスリランカ 8日間
2018年04月~2018年09月
  • アジア・中国ツアー
  • インド・スリランカ・モルディブツアー
  • アジア・中国ツアー
  • インド・スリランカ・モルディブツアー