期待を超える「感動」がある。

  • No.2870
  • 最大でも15名様限定
  • 4名催行・夢紀行

[年末年始]クスコでは高濃度酸素供給のお部屋に宿泊

あのサンクチュアリー・ロッジに泊まる ペルー夢紀行 9日間

2日間の滞在ならではのマチュピチュをお楽しみください。

2日間の滞在ならではのマチュピチュをお楽しみください。 

ツアー概要

・添乗員/成田から成田まで同行します。
・発着地/成田
・最少催行人員/4名
・最大募集人員/10名
・食事/朝食5回 昼食6回 夕食6回
・査証/要(アメリカ事前電子渡航認証システム(ESTA))
・旅券残存有効期間/ペルー入国時6ヶ月以上
・利用予定航空会社/日本航空、全日空、アメリカン航空、デルタ航空(ビジネスクラスの利用区間は、成田~米国内乗り継ぎ地間の往復となります)
・国内線/日本航空・アメリカン航空・デルタ航空利用の場合は日本航空運航便、全日空利用の場合は全日空運航便に限り、日本全国各地の空港から無料で国内線を手配します。

※この旅行条件は、2018年4月1日を基準としています。また、旅行代金は2018年4月1日現在の有効な運賃・規則を基準として算出しています。
ルートマップ
マップ

旅のみどころ

4名様より催行!最大でも10名様限定の夢紀行シリーズ

JTBグランドツアーの夢紀行とは・・・
・全てのホテルを厳選
・少人数ならではの自由な旅 ~ツアー責任者がご希望にあわせてアレンジします~
・その時の気分次第でお好きなものをお召し上がりいただけるお食事も(※詳しくは日程表をご覧ください。)

夢紀行ツアー一覧はこちらから>>

グランドツアー流 旅のこだわり

グランドツアー流 旅のこだわり
1.長年のノウハウを生かした、高度順応に配慮した日程となっています。
2.ご希望の方には、マチュピチュ峰やワイナピチュ峰へご案内!様々な角度でマチュピチュ遺跡を楽しめます。
3. アンデス地方ではジャガイモや鶏肉料理、沿岸部ではセビーチェなどのシーフード料理など、多彩な料理が楽しめるペルー。レストラン選びにもこだわりました。

ツアー責任者またはガイドがマチュピチュのプラスアルファへご案内!

ツアー責任者またはガイドがマチュピチュのプラスアルファへご案内!
せっかくマチュピチュに連泊しても初めての場所での過ごし方はわかりませんし、自分たちだけで登山をするのは不安ですよね。JTBグランドツアーでは、登山やハイキングにもご一緒しますので安心してお楽しみください。

■マチュピチュ峰 所要約3時間30分(往復)
標高3,051mの山頂はワイナピチュ峰より300m以上高いため、空撮のような遺跡の姿をご覧いただけます。石の階段が続く道のりですが、ワイナピチュ峰と比べ登山者が少なく、また道幅も若干広めで歩きやすいです。

■ワイナピチュ峰 所要約2時間(往復)
標高約2,700mの山頂からは、コンドルの形をした遺跡の様子をご覧いただけます。幅が狭く傾斜が急な階段の続く道のりで、下山路はさらに幅が狭くなります。1日400名の入山制限があります。

(写真:ワイナピチュ山頂にて)

旅の価値を高める名物ホテルに滞在

旅の価値を高める名物ホテルに滞在
マチュピチュでは遺跡に隣接する唯一のホテル「サンクチュアリーロッジ」に宿泊。
遺跡歩きに疲れても、麓までのシャトルバスに乗らずともすぐにお部屋に入れます。

またクスコでは、16世紀の修道院を改造し国定史跡に指定されている「ホテル・モナステリオ」に宿泊。高山病予防のため、お部屋の空調設備から高濃度酸素が供給される特別なお部屋をご用意しました。

(写真:サンクチュアリーロッジの前はすぐ遺跡の入り口です)

世界の美食家が注目するペルー料理

世界の美食家が注目するペルー料理
ペルーは、ワールドトラベルアワードの「世界で最も美食を楽しめる国」部門で6年連続して最優秀賞を受賞した国。
その美食をこのツアーでは存分にご堪能いただきます。

(写真:4種類のセビーチェ(お料理の一例))

夢をお聞かせいただく、JTBグランドツアー独自の「出発前アンケート」

「こんなところが見たい」「こんな体験がしたい」など、旅のご希望をお聞かせください。ご提案も交えつつ、実際に同行するツアー責任者が様々に手配します。詳しくはこちらから>>

利用予定ホテル

■リマ
ダブルツリー・バイ・ヒルトン、ウェスティン・リマ JWマリオット・リマ

■マチュピチュ村
スマック・マチュピチュ

■マチュピチュ
サンクチュアリー・ロッジ(眺望指定はできません)

■クスコ
ホテル・モナステリオ【酸素供給サービスつき】

※マチュピチュ村、マチュピチュでは、シャワーのみのお部屋となりますが、バスタブ付きの場合もあります。

2018年(お1人様・2名1室)

ご出発日 エコノミークラス ビジネスクラス
12月29日(土) 1,198,000円 1,598,000円
追加プラン 追加代金
お1人部屋追加代金 180,000円

※米国内乗り継ぎ地~リマ間の往復でビジネスクラスをご利用の場合は、上記のビジネスクラス旅行代金に380,000円の追加となります。
※旅行代金には日本での空港施設使用料、旅客保安サービス料、海外の空港諸税を含みます。
※燃油サーチャージ(目安21,000円・4月1日現在)が別途、必要となります。
※自由行動や食事のついていない時も、ご希望の方はツアー責任者がご案内します。(実費をご負担ください)

スケジュール

  • ●入場観光
  • ◎下車観光
  • ○車窓観光
  • 世界遺産
  • こだわりの食事
  滞在地 日程
1

成田発[航空機](米国内乗り継ぎ)[航空機] リマ

夕刻:空路、乗り継いでリマへ。

【機中泊】 / 食事:□ □ 機

2ペルー

リマ滞在

朝:着後、ホテルへ。 出発までホテルでお休みください。
午後: リマ歴史地区観光 ●ラファエル・ラルコ・エレラ博物館、◎アルマス広場、◎カテドラル、◎大統領官邸へご案内します。
昼食、夕食はツアー責任者が厳選したレストランへご案内します。

【2連泊 リマ泊】 / 食事:機  

3ペルー

リマ[車]ピスコ[車]リマ(片道約230km)

終日:ピスコへ。着後、ナスカの地上絵観光
夕食はツアー責任者が厳選したレストランでお好きなメニューをお召しあがりください。

【リマ泊】 / 食事:朝 昼 

4ペルー

リマ[航空機]クスコ[車]オリャンタイタンボ(約100km) [列車]マチュピチュ村

朝:空路、クスコへ。着後、オリャンタイタンボへ。
午後:列車(天窓付展望車)でマチュピチュ村へ。

【マチュピチュ村泊】 / 食事:朝 昼 夕

5ペルー

マチュピチュ村[車]マチュピチュ(約10km)

午前:● マチュピチュ遺跡観光 午後:自由行動。
ご宿泊はマチュピチュ遺跡の目の前のサンクチュアリーロッジです。

【マチュピチュ(サンクチュアリー・ロッジ)泊】 / 食事:朝 昼 夕

6ペルー

マチュピチュ[車]マチュピチュ村(約10km)[列車] オリャンタイタンボ[列車]クスコ(約100km)

午前:ご希望の方は、ワイナピチュ峰、マチュピチュ峰登山にご案内します。
午後:列車(天窓付展望車)でオリャンタイタンボへ。着後、クスコへ。
ご宿泊は高度酸素供給部屋のホテル・モナステリオです。

【クスコ泊】 / 食事:朝 昼 夕

7ペルー

クスコ[航空機]リマ[航空機]

午前: クスコ市街観光 ◎コリカンチャ、◎アルマス広場、◎12角の石へ。
午後:空路、リマへ。着後、空港周辺のホテルへ。
未明:空路、乗り継いで帰国の途へ。

【機中泊】 / 食事:朝 昼 夕

8

(米国内乗り継ぎ)[航空機] <日付変更線通過>[航空機]

【機中泊】 / 食事:機 □ 機

9

成田着

夕刻:着後、解散。

食事:□ 機 □

※ツアーお申し込みの方へ:詳しい旅行条件を記載した書面(パンフレット)をお渡ししますので、必ずご確認ください。
※利用航空会社のスケジュールにより、1日目がリマ泊となる場合があります。
※マチュピチュで登山を希望される方は、登山に関する同意書の提出をお願いしています。また、天候等の理由と安全面への配慮から、登山を中止させていただくことがあります。
※ワイナピチュ峰、マチュピチュ峰登山は、催行決定後の手配となりますが、いずれも定員制のため、ご希望に添えない場合があります。
※ナスカのセスナ機は、グランドツアーにご参加のお客様以外の方と一緒になったり、分乗となる場合があります。

他にも年末年始ツアーをご用意しています。年末年始特集はこちらから>>

JTBグランドツアーが初めての方は、こちらもお読みください>>




コースの見方

  • 時間帯の目安
    [早朝] 4:00〜6:00 [朝] 6:00〜8:00 [午前] 8:00〜12:00
    [午後] 12:00〜16:00 [夕刻] 16:00〜18:00 [夜] 18:00〜23:00 [深夜] 23:00〜4:00
  • コースに含まれる食事回数・食事マーク
    食事回数に機内食は含まれていません。
    朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 食事=こだわりの食事 機=機内食 □=食事なし

その他のペルーへ行くおすすめツアー

ペルーへ行く個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

個人型ツアーなので、いつでも出発できます。まずはお問い合わせください。

高山病に配慮した日程でマチュピチュに 2連泊する 思い思いのペルー 9日間
2018年10月~2019年03月
  • 中南米・南極ツアー
  • ペルーツアー
  • 中南米・南極ツアー
  • ペルーツアー