期待を超える「感動」がある。

  • No.2982
  • 新発表!
  • 追加発表

8名様限定!地中海の見えるお部屋に合計3泊!

フェニキア都市遺跡と神の杉をめぐるレバノン 7日間

ビブロス遺跡と地中海の美しい風景

ビブロス遺跡と地中海の美しい風景 

ツアー概要

・添乗員/成田から成田まで同行します。
・発着地/成田
・最少催行人員/4名
・最大募集人員/8名
・食事/朝食4回 昼食4回 夕食3回
・査証/要(レバノン ※現地取得)
・旅券未使用査証欄/見開き2ページ以上
・旅券残存有効期間/出国時(6日目)6ヶ月以上
・利用航空会社/カタール航空 (ビジネスクラスの利用区間は、成田~ドーハ間の往復となります)
・国内線/日本航空運航便に限り、日本全国各地の空港から無料で国内線を手配します。


※この旅行条件は、2018年9月1日を基準としています。また、旅行代金は2018年9月1日現在の有効な運賃・規則を基準として算出しています。

旅のみどころ

ようやくレバノンの取り扱いを再開

ようやくレバノンの取り扱いを再開
2006年に取り扱いを中止したレバノンの販売をようやく再開することができました。
地中海の東の果てにある、ある意味で神秘ともいえるレバノンの今をぜひご自身の目で確かめてみてください。
(写真:歴史あるベイルートらしいローマ遺跡とモスクが混在する風景(イメージ))

4名様から催行、最大8名様までの限定募集

4名様から催行、最大8名様までの限定募集
部屋数の極めて少ないホテルを選んでいるため、ご用意できる部屋数に限りがあり、必然的にご参加いただけるお客様も少人数となります。
(写真:ジュバイルのホテル(イメージ))

地中海の見えるお部屋に合計3泊

地中海の見えるお部屋に合計3泊
アルファベット発祥の地としてあまりにも有名なビブロス遺跡のあるジュバイルと、かつて中東のパリと呼ばれたベイルートでは地中海の見えるお部屋をご用意しました。
ジュバイルのホテルは部屋数が少ないながら、フェニキアの時代から利用されている港の真横で、目の前に地中海が広がる抜群の立地。
ベイルートでは、美しく再生されたエリアの近くの立地の、市内トップクラスのハイグレードなホテルに2連泊します。
(写真:ジュバイルのホテル前に広がる地中海(イメージ))

夢をお聞かせいただく、JTBグランドツアー独自の「出発前アンケート」

「こんなところが見たい」「こんな体験がしたい」など、旅のご希望をお聞かせください。ご提案も交えつつ、実際に同行するツアー責任者が様々に手配します。詳しくはこちらから>>

ツアー責任者だから知っているおすすめポイント

この旅行のテーマは、「レバノンを最も美しく感じていただける旅」です。
ツアーの販売開始に先がけ、2018年8月に現地の視察を実施しています。
在レバノン日本国大使館で領事及び二等書記官(警備担当)に面談の機会をいただき、「旅」という視点から「レバノンの今」についてお話をうかがってきました。
個人的には1999年以来、約19年振りの訪問。
残念ながら当時の記憶は薄く、どこにいってもその記憶が呼び起こされることはなかったのですが、かえってそれが幸いし、「地中海と遺跡」、「地中海と都市」、「さわやかな風とワイン」など、新鮮な思いでレバノンを感じることができました。
レバノンには砂漠はありませんので、大きくは地中海沿岸部と山岳地帯(冬は雪も降ります)に二分されます。
地中海沿岸部と山岳地帯では旅行インフラに大きな差があり、宿泊施設は圧倒的に沿岸部の方が設備が整っていて、また、地中海を間近に感じることもできます。
今回ご提案するこの日程では、ジュバイル(ビブロス)とベイルートで「海の見えるお部屋」にてお部屋をご用意しました。
ベイルートでは、かつて「中東のパリ」と呼ばれていたころの洗練された雰囲気を取り戻そうとしているエリアがあり、ホテルを選びにあたっては、設備だけでなく、立地にもこだわりました。
また、ベカー高原で栽培されたブドウで醸造された上質なレバノンワインを味わっていただきたく、新進気鋭のワイナリーの見学も日程に組み込んでいます。
恐らく、どの方も実際に現地に足を運んでみると、「こんなにいいところだとは思わなかった」という感想を持たれるのではないかと思いますし、そうあって欲しいと、中東ファンのひとりとして切に願っています。
ツアー責任者

黒石智之(くろいしともゆき)

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。

ツアー責任者のブログを見る

利用ホテル

■ジュバイル
ビブロス・スール・メール【地中海が見えるお部屋】

■セラール(カディーシャ渓谷)
ル・トーナント

■ベイルート
フェニシア・ホテル【地中海が見えるお部屋】

※セラールではシャワーのみのお部屋となります。

2018年・2019年(お1人様・2名1室)

ご出発日 エコノミークラス ビジネスクラス
11月16日(金) 458,000円 898,000円
追加プラン 追加代金
お1人部屋追加代金 60,000円

※旅行代金には日本での空港施設使用料、旅客保安サービス料、国際観光旅客税(2019年1月7日以降)、海外の空港諸税を含みます。
※燃油サーチャージ、航空保険料は9月1日現在不要ですが、今後再度必要になる場合があります。
※自由行動や食事のついていない時も、ご希望の方はツアー責任者がご案内します。(実費をご負担ください)

スケジュール

  • ●入場観光
  • ◎下車観光
  • 世界遺産
  滞在地 日程
1

成田[航空機](カタール航空807便)[航空機]

22:20(予定)空路、乗り継いでレバノンの首都ベイルートへ。

【機中泊】 / 食事:□ □ 機

2レバノン

ドーハ(所要約12時間40分)[航空機]ベイルート(約4時間35分)[専用車]ジュバイル(約45km)

11:20(予定) 着後、世界最古の町のひとつ、ビブロスの遺跡があるジュバイルへ。途中、アッシリアのレリーフやフランスのナポレオン3世の碑文が残る◎ドッグリバー、巨大な鍾乳洞をボートでめぐる●ジェイタ洞窟へご案内します。
宿泊は、ビブロスの港に隣接するホテルの地中海が見えるお部屋です。

【ジュバイル泊】 / 食事:機 機 夕

3レバノン

ジュバイル[専用車]バトロウン[専用車]セラール(約65km)

午前:最古の表音文字(アルファベット)であるフェニキア文字が刻まれた石棺が発見された●ビスロス遺跡を訪れます。
午後:エネルギー消費に配慮した施設で上質なワインを醸造する●イクシールワイナリーの見学。
昼食はワイナリー併設のレストランでお召し上がりください。

【セラール泊】 / 食事:朝 昼 夕

4レバノン

セラール[専用車]レバノン杉の森[専用車]ベイルート(約155km)

午前:カディーシャ渓谷と神の杉の森観光。●レバノン杉の森の散策、キリスト教マロン派修道院群のひとつ●聖アントニオス修道院へご案内します。
午後:ベイルートへ戻ります。
ご宿泊は、洗練された雰囲気のダウンタウンにほど近いホテルの地中海が見えるお部屋です。

【2連泊 ベイルート泊】 / 食事:朝 昼 夕

5レバノン

ベイルート[専用車]デイル・エル・カマル[専用車]サイダ[専用車]ベイルート(約150km)

午前:シューフ山地の小さな村◎デイル・エル・カマルの散策、かつての山岳レバノンの首領の壮麗な館でレバノンの大統領も夏の執務に利用した●ベイト・エッディーンへご案内します。
午後:フェニキアの時代から続く港町サイダへ。着後、かつての隊商宿●ハーン・エル・フランジュ、レバノンでは数少ない伝統的な姿を今も残す旧市街の◎スーク、第1回十字軍遠征の時代に築かれた砦が残る●海の城塞、フェニキア時代のサイダの主神エシュムンが祀られていた◎エシュムン神殿を訪れます。

【ベイルート泊】 / 食事:朝 昼 □

6レバノン

ベイルート[航空機]ドーハ(所要約4時間5分)[航空機]

午前:ベイルート観光
◎鳩の岩、●アル・アミーンモスク、●聖ジョージ・マロン派教会、◎エトワール広場、◎ローマ浴場跡をめぐります。
午後:ビブロス遺跡から発掘されたアヒラム王の石棺や青銅の戦士像、エシュムン神殿から発掘された人型棺など貴重な展示品が見られる●ベイルート国立博物館を訪れます。
19:25(予定) 空路、乗り継いで帰国の途へ。

【機中泊】 / 食事:朝 昼 機

7

(カタール航空806便)[航空機]成田着(所要約10時間)

17:55(予定) 着後、解散。

食事:機 機 □

※ツアーお申し込みの方へ:詳しい旅行条件を記載した書面(パンフレット)をお渡ししますので、必ずご確認ください。

※観光順序を入れ替えてご案内することがあります。
※国事行事や宗教上の理由等により各観光箇所は予告なく閉鎖されることがあります。その場合は入場せず、外からご覧いただきます。
※レバノン入国の要件として、海外旅行保険(滞在期間をカバーするもの)の加入が必要で、入国審査官に証券の提示を求められることがあります。必ずご加入のうえ、証券を手荷物としてご持参ください。

ツアー催行情報は、こちらからご覧ください。>>

JTBグランドツアーが初めての方は、こちらもお読みください。>>



コースの見方

  • 時間帯の目安
    [早朝] 4:00〜6:00 [朝] 6:00〜8:00 [午前] 8:00〜12:00
    [午後] 12:00〜16:00 [夕刻] 16:00〜18:00 [夜] 18:00〜23:00 [深夜] 23:00〜4:00
  • コースに含まれる食事回数・食事マーク
    食事回数に機内食は含まれていません。
    朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 食事=こだわりの食事 機=機内食 □=食事なし

その他のヨルダンへ行くおすすめツアー

ヨルダンへ行く個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

個人型ツアーなので、いつでも出発できます。まずはお問い合わせください。

バラ色のペトラと白亜のジェラシュ オリエント世界の夢をたどるヨルダン 9日間
2018年04月~2018年09月
  • 中近東・中央アジアツアー
  • ヨルダンツアー
  • 中近東・中央アジアツアー
  • ヨルダンツアー